JR東日本E257系

E257 乗り物

最近は、朝の散歩で線路脇を通ることが多いので鉄道写真が増えてます。
調べて、狙って撮っている訳では無く、偶然、電車が来た時に慌てて撮るので、うまくは撮れないのですが・・・
元々撮影が上手く無い。撮影ポイントの選択が出来ていない。というのが理由ですね。

E257

JR東日本が日本国有鉄道(国鉄)から引き継いだ直流用特急形電車(183系・189系)や、波動輸送用に転用されていた直流用急行形電車(165系)の置き換えのために2001年より投入した「新世代の特急形電車[3]」である。

最初に登場した0番台の開発コンセプトは「シンプルさの中のくつろぎ」であり、車体傾斜などによる速達性の向上よりは特急列車に求められる基本的な快適性の向上に主眼が置かれている[4]。

JRが独自に設計・製造した特急形車両では初めて製造両数が200両を越え246両に達し、2011年4月1日時点ではJR西日本683系電車に次ぐ製造数であり[5][6]、2015年度に683系2000番台のほとんどが289系への改造・2両の廃車が生じた後、2018年現在JRグループの特急型では単独の系列として最大のグループとなっている。車両デザインはGKインダストリアルデザインが担当した。

第45回(2002年)鉄道友の会ブルーリボン賞受賞。

出典:ウィキペディア JR東日本E257系電車
https://ja.wikipedia.org/wiki/JR%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%ACE257%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A