Google Chromeのセキュリティアップデート

Googleのウェブブラウザー「Google Chrome」の最新安定版となる、バージョン「48.0.2564.116」を公開し、危険度の高い脆弱性を修正したと発表しています。
Windows版、Mac版、Linux版が提供され、既存ユーザーには自動的にアップデートが適用されるので、使っていればアップデートされます。

修正した脆弱性「CVE-2016-1629」は、Blinkの同一オリジンポリシーを迂回し、Sandboxを回避することが可能になるというもの。脆弱性の危険度は4段階で最も高い“Critical”に分類される

[583431] Critical CVE-2016-1629: Same-origin bypass in Blink and Sandbox escape in Chrome. Credit to anonymous.

[583431] Critical CVE-2016-1629: Same-origin bypass in Blink and Sandbox escape in Chrome. Credit to anonymous.
http://googlechromereleases.blogspot.jp/2016/02/stable-channel-update_18.html

スポンサーリンク
spdsk-side




spdsk-side