無料のWindows 10アップグレード キャンペーンは2016年7月29まで

実は私もWindows10にアップグレードしていません。Windows7です。Windows10には、ちょっと触ったことがある程度ですが、マイクロソフトが行っているWindows10への無料アップグレードキャンペーンが7月29日までとなっているので、一応迷います。
無料アップグレードキャンペーンが終わるとHomeエディションで19000円ほどで購入が必要になるようです。

私と同様にWindows7を使っている方はアップグレードを迷う方も多いのでは?

  • PC自体のスペックが弱い
  • 利用しているアプリケーションがWindows10に対応していない
  • そもそも操作感が全く異なるから使い勝手が悪くなるのでは?

Windows 7の延長サポート期間は2020年までなので、それまでには買い替えるのでは?と思ったりします。

Windows 7 または Windows 8.1 搭載の対象デバイスは、無償でアップグレードできます。キャンペーンは 2016 年 7 月 29 日に終了します1

1 Windows 無償アップグレードの詳細

Windows 10 へのアップブレードは無料です。このアップグレードで入手できるのは、通常版の Windows 10 です。試用版ではありません。3 GB のデータをダウンロードする必要があります (通信にかかる費用はお客様のご負担になります)。無償アップグレードの提供期間は 1 年間ですので、このチャンスを逃さず Windows 10 にアップグレードしましょう。お使いのデバイスでアップグレードを行えば、今なら Windows 10 が無料で手に入ります。

Windows 10 への無償アップグレードは、アップグレード対象と指定された正規の Windows 7 デバイスと Windows 8.1 デバイスが対象となります (既にお持ちのデバイスを含む)。ハードウェアとソフトウェアの要件があり、さらに一部のデバイスや一部の国と地域でご利用いただけない機能もあります。Windows Phone 8.1 デバイスへの Windows 10 アップグレードの可否は、製造元や携帯電話事業者、通信事業者によって異なります。デバイスはインターネットに接続され、Windows Update が有効にされている必要があります。Windows 7 SP1 または Windows 8.1 Update が必須となります。一部のエディションは除外されており、Windows 7 Enterprise、Windows 8/8.1 Enterprise、Windows RT/RT 8.1 は対象外となります。ボリューム ライセンスをご利用で、ソフトウェア アシュアランス (SA) が有効なお客様は、このアップグレード キャンペーンに関係なく、SA の特典として Windows 10 のエンタープライズ向けエディションにアップグレードできます。互換性など、インストールにあたっての重要な情報については、デバイスの製造元の Web サイトをご覧になるか、Windows 10 の仕様に関するページをご覧ください。Windows 10 のインストール後、アップデートは自動的に行われます。アップデートのための要件は今後追加される可能性があります。Windows 10 へのアップグレードに関するページをご覧ください。このキャンペーンは 2016 年 7 月 29 日に終了します。

マイクロソフトWindows10のアップグレード手順

アップグレード後に元のOSに戻すこともできるようです。
Windows 7 または Windows 8.1 に戻す
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-10/going-back-to-windows-7-or-windows-81#

ただし色々とぼくんちのTV様記事 Windows10から7/8.1に戻す時に失敗する原因6つ
http://freesoft.tvbok.com/win10/installation/recovery-failed.html

アップグレードはしっかりと検討して、データのバックアップを行った上で実施しましょう。

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side