型落ちPCをイントラネットで活用しましょう

型落ちPCをイントラネットで活用しましょう!!

オフィスや自宅にWindowsのサポートが終了したPCや少し前のモバイルPCが眠ってないですか?
Windowsのサポートが終わり、次のバージョンで使用するにはスペックが不足しているPCや以前流行した時に購入したモバイルPCが眠っていませんか?

そのまま利用することは難しくても、Windowsよりも要求スペックの低いLinuxにOSを変更して、使用用途を考えれば活用できる場合があります。

使用用途を検討する

Linux OSは、Windowsと比較してPCに対する要求スペックが低くても利用可能なためWindows XPで使っていたPCや数世代前のPCでも利用可能です。また、たくさんの無償利用可能なソフトウェアが存在することも利点になります。
ただし、Windowsと同様のGUI(グラフィックユーザインターフェース)を使用する場合には期待するほどには処理速度に違いはなく(個人の感覚によります)、且つ、Windowsと同等のアプリケーションが用意されていたり、WordやExcelなどのオフィス製品との互換性があるアプリケーションも存在しています。とは言っても操作感は異なりますので、Windowsに慣れているユーザがそのまま移行できるかと言えばそうではないと思います。

Linux OSは、GUIを使用しないでコマンドのみを利用することができます。コマンドのみを利用する場合は、GUIのモジュール自体をインストールしないことにより少ないハードディスクの容量で動作ができること、GUIは動いているだけでもメモリーやCPUというリソースを使用しているため、他のソフトウェアで利用できるリソースが減ってしまいます。
コマンドのみを使用することで他のソフトウェアが利用できるリソースを増やすことが型落ちのPCを活用する場合の重要なポイントになります。

コマンドのみを使用するという条件下では、オフィス業務はできませんがイントラネット上のサーバとして活用することができます。

注意しなくてはならない点

型落ちPCはそれなりに年月を経ているはずです。故障に備えてバックアップは必ず実施しておくことが必要です。

サーバとは?

サーバとは、本来はコンピュータネットワークで使用される分散コンピューティング技術の1つであるクライアントサーバモデルでの用語である。サーバはクライアントからの要求(リクエスト)に応じて、何らかのサービス(処理)を提供する側のソフトウェアである。提供するサービスはサーバの種類によって異なり、例えばファイルサーバであれば保管しているファイル(データ)の提供、プリントサーバであればプリンターへの印刷処理の提供、ウェブサーバであればウェブページを構成するHTMLファイルや画像ファイルなどのデータの提供をするなど、さまざまである。

物理的にひとつのホスト・コンピュータの中には、例えばFTPサーバとウェブサーバなど、複数のサーバが並存することもあるし、サーバとクライアントとが並存することもありえる。しかし、業務用の比較的大型で信頼性を重視したシステムの場合、ひとつサーバを稼動させるのに、物理的にひとつのホスト・コンピューターを専用に割り当てる場合が多いため、ホスト・コンピュータそのものも「サーバ」と呼ぶこともある。当初は分散システム(日本ではオープンシステムとも呼ばれる)のUNIX搭載サーバやPCサーバが主に「サーバコンピュータ」(サーバマシン、サーバ機)と呼ばれたが、1990年代にはメインフレームなどもサーバ用のオープン標準対応が進み、大型のコンピュータ全般を「サーバ」と呼ぶ場合もある。

引用元:Wikipediaより

どのようなサーバを運用するのか?

GUIをインストールしないことでリソースを増やすとしても、型落ちで低スペックのPCを使用するには、用途を限定することが必要になります。どのような機能を持たせるサーバとして運用するのかを事前に検討し、必要なものだけを運用することが型落ちPCを活用するために必要になります。

想定されるサーバ運用ソフトウェア

  • ファイルサーバ
  • Webサーバ
  • 簡易グループウェアサーバ

このサイトでサーバ化するPCは Acer Aspire One A150です。このPCはモバイルPCとして購入しましたが、メール送受信とWeb閲覧を少しするくらいでしか使用に耐えませんでした。

Acer Aspire One A150

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side