“Small Office” の “DaaS” 活用を考える

Small OfficeでDaaSを活用することは効率化に役立つの?

DaaSはクラウドサービスとして活用されていますが、Small Officeでの活用はできるのか?

DaaSとは

DaaSはDesktop as a Serviceの略称です。DaaSの基となる技術は仮想デスクトップから始まっていると思います。現在も仮想デスクトップは利用されていて、DaaSも仮想デスクトップを活用したものです。
初期の仮想デスクトップは自分のPC上に仮想マシンを立ち上げて、PCの持っているOS以外のOSを稼働させたり、動作検証を行う際にPCを壊すことなく実施できるというような比較的限られた用途で利用されていたものです。(当時から現在のような考え方はあったと思います)
DaaSのような広がりを見せたのは、複数の仮想デスクトップを同時に稼働させることができるVDI(Virtual Desktop Infrastructure)の進化が大きく影響したと思います。この頃からシンクライアントという言葉も聞くようになり、セキュリティリスクへの対応からも仮想デスクトップが広がりました。

DaaSは、サーバ上に保存した仮想デスクトップをネットワーク越にクライアントPC上で動作させるもので、Desktop自体をサービスとして提供するものです。個々のPCではセキュリティパッチの適用などが使用者に委ねられますが、仮想化したデスクトップを一括管理することで未適用によるセキュリティリスクを低減することができ、クライアントPC上にデータを持たないことで情報漏洩などのリスクも減らすことができると言われています。

多くの仮想デスクトップを動作させるサーバは高価なるため、このサーバ自体を自社内ではなく、クラウドサービス事業者が提供するクラウドサービスを利用することにより、サーバ自体の初期投資、ランニングコストを削減することができ、クラウドサービスのひとつとして確立されています。

DaaSを利用する

クラウドサービスでのDaaSを利用する場合、クラウドサービス事業者との接続という点で初期投資が必要になります。インターネットサービスの基本はベストエフォートです。いま使っているインターネット環境で、単純にオフィスからインターネットを利用している環境にベストエフォートで複数台のデスクトップ情報を送受信するとパフォーマンスが低下します。パフォーマンスが低下するようでは業務に影響が出るため、ネットワーク環境(主にルータや回線)に対しての初期投資が必要になります。大企業であれば自社内に仮想デスクトップ用のサーバを構築・維持することよりもクラウドサービスを利用した方がネットワーク環境を改善してもコストが削減できます。
では、Small Officeではどうなのか?現在はネットワークに対する初期投資額もかなり低くなってきています。またクラウドサービス事業者もユーザ数の少ない企業向けのパッケージを用意するようになってきています。

DaaSだけではないですが、クラウドサービスを利用する効果として、インターネットに接続できれば場所を選ばないでアクセスができることがあります。
インターネット越に仮想デスクトップを利用する場合、セキュリティリスクが気になる点と思います。仮想デスクトップを使用する時は、データを利用しているPC上に保存しない限り、クライアントPC上に実際のデータを持つことはありません。仮想デスクトップ上で作成している文書などのデータは、実際には仮想デスクトップ上で作成されているため、クライアントPCでは仮想デスクトップのイメージを参照している状態になります。当然、仮想デスクトップを操作している通信はネットワーク上を流れるため、盗聴行為によるリスクは存在します。それでも実データを持っていないことから漏洩リスクは低減されます。
例えばクライアントPCを紛失しても、そこにはデータが無いからです。

次に必要とするPCスペックが比較的に低いことが挙げられます。実際にアプリケーションを動かしているのはクライアントPCではなく、クラウドサーバ上になるため、クラウドサーバに求められるスペックは高いものですが、イメージを参照しているクライアントPCは必要最低限でも関係なく動作します。クライアントPCは最低限のスペックでも良いですが、高負荷となるようなアプリケーションを複数動作させることにより、サーバのパフォーマンスが低下する可能性があります。利用するアプリケーションも考慮して導入を検討する必要があります。

Windows XPで話題になったOSのサポート終了に伴うバージョンアップのためのPCの購入などが基本的には不要になることから、投資対効果としては検討の余地があります。クライアントPCが最低限のスペックを満たせない状態になれば難しいですが、OSのライセンスを購入して、OSイメージを入れ替えることでハードウェアを変更する必要がありません。OSのライセンスのみの購入とハードウェアと併せてOSを購入する際の価格を比較検討する必要があります。

Small OfficeでDaaSを活用する?

初期投資と月々の固定費を考えるとオフィスでの仕事だけのためにSmall OfficeでDaaSを活用することは難しいです。
低価格化しているとは言っても、クラウドサービス(DaaS)の利用費は月々の固定費となります。現在のPC市場価格を考えればわずかな期間でコストが逆転する可能性があります。DaaSを利用しない場合、本来は維持管理コストを含まなくてはなりませんが、Small Office運営では維持管理に対しての人員リソースは配置しないという前提で想定しています。

Small OfficeでDaaSを利用する場合、メリットとしてオフィス外から同じデスクトップリソースが利用できることがあります。どこからでも同じデスクトップを利用できるということで、自宅でもカフェでも仕事ができることになります。さらにプラットホームもWindowsだけではなく、MacやAndroid上でもWindowsを動作することができるものもあり、少ない人員で多くのことを対処しなくてはならないStart up企業などでは外出しながらも業務ができることはメリットとなります。
また、Remote Officeという観点では、職場を選ばないことにより多様な勤務形態や場所を提供することができることになり、地方に住む有能な人材の確保などにも効用が得られるかもしれません。

小規模なDaaSサービスを提供している事業者にはどのようながあるのか

NTTネオメイト AQStage 仮想デスクトップ ライト
最少10台からのサービスを月額2090円/1台あたり提供しています。

VMWare VMWare Horizon DaaS
仮想化技術ではトップのVMWare社のサービスです。最少5台からのサービスを月額6500円/1台あたり提供しています。
いくつかの会社が代理店として販売しています。
ネットワールド VMWare Horizon DaaS Dell Wyse Datacenter

評価

残念ながら、私のような趣味で個人サイトを立ち上げている立場では実際にDaaSを利用検証するということはできません。
私はクラウドサービスではなく企業内のシステムとして、業務でDaaSを使用したことがあります。その経験談としてお伝えすると、DaaSでも通常のPCでも利用者としては大きな差はありません。ただし、業務上で利用したいアプリケーションが発生した場合には不便に感じることがありました。技術職やデザイン職などの業務では負担となることが多いのではないでしょうか

仮想デスクトップにはいくつか方法がありますが、基本のイメージ(デスクトップ)を配信して利用する形態が多いと思います。この場合は、利用者は基本イメージ以外のアプリケーションをインストールすることができません。(権限として許可されていれば可能ですが、基本イメージから外れてしまうので通常は許可していないでしょう)
この形態では、決まった作業しかすることができず、色々なことをしなくてはならないSmall Officeでは、業務的にできないことがあるなど、効果的ではないかもしれません。また、新しいアプリケーションをイメージにインストールするために検証等も必要になります。

別の形態として、各自に仮想デスクトップを割り当て、その領域を自由に利用する形態があります。この場合は、利用上の問題は減ると思いますが、各自が自由にインストールできるため、セキュリティリスクは増加します。
ただし、仮想デスクトップの場合にはインストール前に戻ることもできるため、通常のPCでインストール不具合が出た場合よりは損害が少なくなります。

特に前者の場合には、システム管理者の負担とコストは削減できますが、前提にあるようにシステム管理者は配置しないこと、利用者観点では制約も多くなることからStart up企業には不向きで、同じクラウドサービスであればSaaSの方が有用でないかと感じます

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side