IoTをSmall Officeで活用する

IoTをSmall Officeで活用する

IoTという言葉を聞くようになりました。IoTはSmall Officeで活用できるものでしょうか?

IoTとは

IoTはモノのインターネットと呼ばれています。IoTはInternet of Thingsの略称で、IT関連機器を接続しているインターネットに、それまではネットワークに接続していなかったIT関連機器以外のモノを接続するというものです。ネットワークに接続するには接続のためのネットワーク通信機器が利用されていて、ネットワーク通信機器やセンサーを搭載したモノが人的リソースを介在せず、デバイス同士がデータ通信を行うというものです。
IoTと共に使われる単語としてM2Mという単語があります。これはMachine to Machineの略称で、人を介在しないで機械同士がやり取りを行う形態です。
良く使われる例として、自動販売機にセンサーを搭載し、販売が行われると自動販売機側から在庫管理システムに自動的にデータが送信され、在庫管理システム側で受発注が行われる。このように人的リソースを介さずにデータを取得、それに伴うアクションをM2Mと言われます。他には自動車でナビなどに携帯電話を接続して自動で情報を取得するなどもM2Mのひとつです。

IoTと併せてIoE(Internet of Evryting)という言葉があり、これはM2MだけではなくP2P(People to People)P2M(People to Machine)が含まれ、すべての人やモノがインタネットに接続するという概念です。

IoTとSmall Office

IoTをSmall Officeで活用するにはどのようなものがあるのか考えましたが、例えばインターネットルータやサーバが自己診断を行い、故障アラートを挙げるなど、すでに利用されているもののありますが、これらはSmall Officeで活用するというよりも、ISPのサービスのひとつであり、IT機器の運用というイメージではないかと思います。

Small Officeだけではありませんが、あなたが在庫を持つ事業を行っているとした場合、IoTを活用することのメリットがあるかもしれません。現在のIoTは、まだ浸透の途中過程にあり、今後も新しいサービスが生まれてくると予想されています。その中で形が判り易いものとして在庫管理のIoT化があります。倉庫内の物品にセンサーを取り付け、出庫した際に自動で在庫管理システムに反映され、場合によっては自動で発注も可能になります。また、いわゆるビッグデータとの連携によって消費者側の好みに応じて在庫を管理するなども想定されています。

経済産業省のリリースドキュメントでは、次のように書かれています。
POS情報による個社毎の管理は進んでいる一方、メーカー・卸売も含めた情報共有に欠け、単品のリアルタイム在庫管理が不十分であり、物流も含めた効率化は途上。

引用元:IoT時代に対応したデータ経営2.0の促進のための論点について

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side