WordPressで作る予約システム搭載 動物病院サイト

WordPressで作る予約システム搭載 動物病院サイト

WordPressを使用した動物病院サイトのサンプルです。
このサイトではWordpress公式テーマ Twenty Sixteenを少しだけカスタマイズし、MT Systems社のプラグインを活用した予約システムを導入しています。

サンプルサイト

サンプル動物病院サイト

病院規模の想定

このサイト構築にあたり、想定した病院規模は次になります。

  • 医師は院長先生のみ、もしくは2名程の医師で開業している
  • 診察には予約制を導入している(システム導入前は電話予約のみ)
  • 病院情報のみを公開するWebサイトを開いている
  • 診察を優先するためWebサイト構築にリソースは割けない

基本コンセプト

  • 手を掛けずに変更できる箇所のみをカスタマイズ
  • 無償で利用可能なプラグインを使用
  • インターネット予約システムを導入
  • 病院からのお知らせと院長ブログを導入
  • カテゴリ毎の更新情報を表示

環境

  • レンタルサーバ上にWordpress環境をインストール
  • Wrordpress4.4を使用
  • テーマにはTwenty Sixteenを使用
  • データベースにはMySQLを使用
  • インターネット予約システムにはMTSを使用
なぜWordpressを利用するのか

WordPressでは、トップページからブログの運用までを一括で行うことができます。同様のことはHTMLとブログシステムを連携することなどで構築可能です。また、Wordpressと同様のコンテンツ管理システムを利用することでも実現できます。
今回の想定は院長先生がPC1台で管理運用することを想定しているため、管理リソースを掛けないこと、後日のカスタマイズを考えた際の情報量からWordpressを選択しています。Wordpressが必ずしも最高の選択であるという意味ではありません。
なぜWordpress公式テーマを利用するのか

WordPressには公式テーマと公式サイトからインストールできる企業や個人が作成したテーマがあります。後者のテーマではある規模から有償となっているものや必要以上の機能を有しているテーマがあり、公式テーマは無償であることと公式テーマであることによる情報量の多さから公式テーマを使用しています。
カスタマイズはどの程度なのか

ヘッダ部(病院名など)やサイト全体の文字サイズとフォントの設定変更など見た目の変更に伴うStyle.phpのカスタマイズを主に行っています。
なぜプラグインを使うのか

WordPressでは、有用なプラグインが多数提供されています。プラグインを使用せずに同様の動作をおこなうこともできますが、Styleシートなどの変更を行うことにより、その後の運用が複雑化することを避けるため、プラグインを利用しています。
プラグインを多数導入することでパフォーマンスに影響が出る場合があります。運用過程において必要なプラグインのみを導入することをお勧めします。
なぜMTS社製インターネット予約システムを使うのか

現在は沢山のインターネット予約システムが存在しています。多機能なものには電話からの予約ができたりカルテとユーザ管理やカルテとの連携なども可能です。
今回のシステムにおいては、想定規模と運用リソースを抑えることを目的としています。MTS社製の予約システムは限られた機能を活用するには十分な機能を有していること国内の企業により開発・運営されていることから選定しています。今回の選定時の条件は以下です。

  • WordPressとの連携が容易であること
  • 使用方法などの情報が公開されていること
  • 無料版が期間限定ではないこと(今後変わる可能性はあります)
  • 多くの導入実績があること

また、カルテや患者様情報と連携も考えましたが、想定規模では必要の優先度は低く、情報セキュリティ強化コストの方が高いと考えたため除外しています。

MT Systems社 Simple Booking

MTS Simple Booking はMT Systems社が開発、提供している WordPressに予約システムを追加するプラグインです。
国内の会社になり、情報も充実していて、設置も簡単にできるプラグインです。無償版とビジネス向け有償版があり、規模に応じて有償版を使用した方が良いでしょう。

MT Systems社サイト

また導入事例や導入を紹介しているサイトも多数ありますので、自分で運営しているWordpressに導入される場合には参考にすると良いでしょう。

サンプルサイト

サンプル動物病院サイト

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side