音声ではなくChatで文字コミュニケーション


Chatを導入しよう

電話だと聞いたハズのことを忘れてしまったり、メールだと返答を待つ時間や複数での会話というのが難しかったりしますが、チャットを利用することでコミュニケーションがスムーズに取れる場合があると言われています。

Chatとは

Chatとは、コンピュータネットワークを通じてリアルタイムに文字ベースの会話を行うコミュニケーションツールです。
ある程度まとまった内容を非同期にやり取りするメールや電子掲示板などとは異なり、実際の会話のように短い文章をリアルタイムにやり取りしてコミュニケーションを行うシステムやサービスをChatと言います。古くはパソコン通信のサービスの一つとしても提供されていましたが、インターネット上のチャットとして専用のクライアントを用いるIRC(Internet Relay )、最近ではJavaアプレットなどで実装されたWebブラウザで利用できるWebチャットが一般的になっています。

マイクロソフトのInstant messengerやCiscoのJabberなどを利用したり、名前を聞いたことがあるという方もいるのではないかと思います。これらはOffice製品やサーバを利用環境で利用でき、1対1で短文を送るためのメッセージングと言われ、Chatとは異なりメッセンジャーと言われていましたが、現在では、グループチャットも利用できるようになっているため、ほぼ同等のものと考えます。
GmailやYahoo Mailでもメッセージング機能が利用できます。また、別項で紹介したSkype for BusinessでもChatが利用できます。

Chatの進化

最近のビジネス向けChatサービスはクラウドサービス化しているものがほとんどで色々なことができます。
情報やファイルの共有ができたり、マイクとカメラとネットワークがあればテレビ会議のようなことができるものもあります。

Chatの活用

Chatの利用シーンとはどのようなものでしょうか。メールを書くほどではない。ちょっと聞きたいことがある。などの少し気軽なコミュニケーションを取りたいと考えた時ではないでしょうか?でも、これだと電話で足りるのではないでしょうか?Small Officeであれば、席まで行って会話した方が速いでしょう。
Small OfficeでのChaの活用を考えた時、Chatの進化によってできることになった機能を活用して、Chatサービスを利用することで会議室の置き換えができるのではないか?

ビジネス利用できそうなChatサービス

関連情報

Skype for Businessでできること

スポンサーリンク
spdsk-side




spdsk-side