大企業もタブレットソリューションの導入率が増加

IDC Japanの発表した情報によると、企業が「今注目している技術」の中では「モバイル」が1位となり、企業のモバイルに対する関心は依然として高いとしている。
また、「今注目している技術」の2位は、大企業(従業員規模500人以上)は「IoT」、中小企業は「クラウド」がそれぞれ2位となり、規模による注目技術に違いはあるものの、モバイルを念頭においていると考えれらる。

クラウドwatchの記事では

「タブレットやスマートフォンなどについて、導入したいと意向を示す人または部署はどこですか?」という質問では、「部長」という回答が、大企業では33.1%(回答者数3055人)、中小企業では22.0%(回答者数3968人)で、ともに1位となった。また、「営業部」や「技術部/製造部」との回答も多く、営業部や技術部/製造部の部長が、タブレットソリューション導入のキーパーソンだとしている。

 IDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション リサーチマネジャーの片山雅弘氏は、「タブレットソリューションを導入していると回答した企業の割合は、2015年に比べ2016年が増えている。また、2016年は2015年と異なる傾向が見られる。従業員規模が大きくなるとBYOD(Bring Your Own Device)を採用する割合が減る傾向にあった2015年と比べ、2016年は、大企業でもBYODの採用率が上がっている。このことが、法人向けタブレットの出荷台数減少の一因となっている」と述べている。

IDC Japan

引用:クラウドwatch 大企業もタブレットソリューションの導入率が増加、IDC Japan調査

法人向けタブレット端末の導入は減少しているように思われるが実態は違っているということになるのでしょうか。

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side