Webアプリの検証にはSeleniumが使える

Webアプリケーションの検証は、ブラウザを変えて同じ操作を何度も実行する場合があったり、チームで検証を行う場合には、複数人で同じ操作を実施する場合もあり、人によって操作がことなってしまい、検証が失敗するということもあると思います。

IDEを使って操作を記録することで、Webアプリケーションの検証を自動化することや、人による操作の誤りを防ぐことができます。

Selenium IDEとは

Selenium IDEは、Webブラウザーを使ったテストの自動化を実現するテストフレームワークで、FireFox用のAdd-onです。
追加でモジュールやドライバをインストール・設定することでIEやChromeでも利用することができます。

機能としては、記録した操作をSeleniumが実行してくれるものですが、単純に操作するだけでなく、例えばエラーメッセージが正しく表示されているかといった検証も行うことができます。

Seleniumでできること

  • Webブラウザーの操作を自動化
  • Web画面の要素の値を検証
  • Web画面のスクリーンショットを取得

Seleniumでは、テストケース(実行する検証内容)をHTMLやJava、Javascript、Rubyなどで記述することができます。
Selenium IDEを利用すると、検証で行ったブラウザの操作を記録して、テストケースが生成され、コマンド体系やプログラミング言語を知らなくても簡単に利用できます。

Selenium IDEのインストール

  1. FireFoxを使用してhttp://docs.seleniumhq.org/download/にアクセスします
  2. docs_seleniumhq.org00

  3. 下方へスクロールして、Selenium IDE項目内の from addons.Mozilla.org をクリックします
  4. docs_seleniumhq.org02

  5. ダウンロードページで[+ Add to FireFox]をクリックします
  6. docs_seleniumhq.org03

Selenium IDEの起動

  1. FireFoxのメニューを開き、開発ツールを選択します
  2. selenium-start01

  3. サブメニューからSeleniu IDEを選択します
  4. selenium-start02

  5. Selenium IDEのコンソールが開きます
  6. selenium-ide-main01

Selenium IDEを使う

ここでは簡単な使い方として、操作を記録してテストケースを実行する方法を記載します。

  1. [メニューバー]の[アクション]から[テストの記録]を選択、または[クリックすると記録を開始します]アイコンをクリックします
  2. selenium-ide-main01

  3. ブラウザ上で操作を行います(操作を行うとコンソール内に操作が記録されます)
    サンプルでは、あるサイトを開き、ユーザ名とパスワードを入力して、ログインするまでの操作を行っています
  4. selenium-ide-main03

  5. 操作が完了したら、[メニューバー]の[アクション]から[テストの記録]を選択、または[記録中です。クリックすると停止します。]アイコンをクリックします
  6. 記録内容の確認のため、[メニューバー]の[アクション]から[現在のテストケースを実行]を選択、または[現在のテストケースを実行]アイコンをクリックします
    記録した操作が実行されます
  7. 正常動作を確認後、[メニューバー]の[ファイル]から[テストケースに名前を付けて保存]を選択、記録したテストケースを保存します
    テストケースはhtml形式で保存されます
  8. selenium-ide-main04

テストケースを呼び出す際は、[メニューバー]の[ファイル]から[テストケースに名前を付けて保存]を選択、実行するテストケースを呼び出します。
複数のテストケースを一括で実行する場合は、テストスィートを登録し、登録したテストスィートに実行するテストケースを追加します。
テストスィートを実行することで、含まれるテストケースが実行されます。

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side