Intel Project Alloyとは?

Intelが発表したProject Alloyとはなんでしょう?

Intelの発表では、カメラ技術に加え、センサーなど必要な機能をひと通り備えたオールインワン型HMD(ヘッドマウントディスプレイ)で、リアルとバーチャルを合わせたマージドリアリティ(Merged Reality)MR という言葉を使っています。

Intelの言うMR(Merged Reality)は、仮想現実 (Virtual Reality)と拡張現実 AR (Augmented Reality)の中間に位置するもので、Intelの言うところの「これまでになく自然でダイナミックに仮想世界を体験する新たな方法」で、現実世界にあるものを仮想世界で動かす、もしくは逆に仮想世界にあるものを現実世界に融合するということでしょうか。
MRと言えば、Mixed Realityというのもありますが、これとは違うのでしょうか?
VRもARもMRも一般人としては差異が判り難いですよね。


Project Alloyで登場するHMDはオールインワンというのが、これまでとの違いで、これまでのHMDは、PCなどに接続して動作するものでしたが、これがHMDだけで利用できるというもののようです。
使い勝手は良いと思われます。

また、マイクロソフトとの協力により、Windows に標準搭載される VR / AR プラットフォーム Windows Holographic 対応コンテンツを Project Alloy などインテルベースのVRデバイスに最適化していくそうです。

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side