クラウドファーストという言葉

クラウドファーストという言葉が出てきてからどのくらい経つのかなぁぁと漠然と考えてみました。
普通に使われている言葉になっているとは感じますので、3年程度は経っているのかと思います。(曖昧です)

クラウドファーストとは、企業が情報システムの設計や移行に際してクラウドサービスの採用を第一に検討する方針のことを意味しています。「システムの運用基盤として外部企業が運営するIaaS/PaaSサービスを採用し、その上に独自のアプリケーションを構築し運用するシステム形態を優先的に検討する」、これまでオンプレミス(実機を自環境に置きシステム運用する)ではなく、システム基盤をクラウド化することを前提にシステム構築/運用を検討することをクラウドファーストという言葉が使われています。

システム基盤をクラウド化する場合、コンピュータや通信機器、ソフトウェアライセンスなどを自社で所有・運用する必要がなくなり、システム運用の多くの部分を利用実績に応じて料金を支払う変動費とすることができるが、オンプレミスでは、資産としてのコストになるため、簡単には入れ替えやリソースの増減ができないし、導入までの準備期間が必要になります。
システム基盤をクラウド化することにより、システム導入のための初期投資を抑えたり、準備期間を短縮することが期待できるメリットがあります。
更には運用開始後のコストという点でも、ハードウェアトラブルやセキュリティ問題などにもクラウド事業者が対応やサポートを得られることにより、コストとリソース活用にもメリットがあります。(クラウド事業者の質にも影響を受けるため必ずしもメリットだけではありません)

クラウドファーストの情報を探していくとクラウドネイティブという言葉も目にするようになります。
導入する企業側がクラウド利用を前提とするのがクラウドファースト、提供する企業側がクラウドを前提としたサービスやアプリケーションを開発することがクラウドネイティブというのが大まかな意味合いになります。

クラウドネイティブ
が拡がってきていると感じるのは、ERPパッケージ関連の宣伝がクラウド活用を謳うようになってきたことでしょうか。ERPパッケージは企業の経営根幹で活用するソフトウェアで、これまでは企業内でクローズされて利用されてきたもの、各企業によって異なる活用が必要になります。クラウド活用が進んでいる状況からは、クラウドのセキュリティが向上していること、カスタマイズが可能になったことが感じられます。

調査会社のIDC Japanが2014年12月に発表した「2015年 国内IT市場の主要10項目」では、「2015年はクラウドネイティブ時代の幕開けとなる」という予測をしています。それから2年半が経過していますので、更に進んでいることでしょう。

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side