IoTで再び注目 国内エッジコンピューティング市場分析結果 IDC Japan

IDC Japanが発表した「~IoTで再び注目~ 国内エッジコンピューティング市場分析結果」を発表

広域に分散したモノや人をICTで連携させ社会やビジネスの効率を高めるには、IoT(Internet of Things)デバイスと、IoTデバイスから遠く離れたクラウドコンピューティングだけでは不十分で、IoTデバイスの近くでコンピューティング処理を行うエッジコンピューティングが必要であるということが広く認識されつつあります。エッジコンピューティングは、中央のサーバーに対し、ネットワークのエッジ(末端)のユーザーに近いところでコンピューティング処理を行うことを意味し、これによってネットワークコストを抑えレスポンスのリアルタイム性を高めることができます。エッジコンピューティングと類似の概念としてフォグコンピューティングがあります。エッジコンピューティングはこれまでも、Webパフォーマンスの向上を目的とするCDN(Content Delivery Network)などで広く利用されてきましたが、IoTにおいてその重要性に再び注目が集まっています。

IoT時代において、エッジコンピューティングは、クラウドコンピューティングと並んで重要になるとIDCでは予測しています。今回の調査では、国内ベンダーのエッジコンピューティングへの取り組みについて広く調査しました。その結果、IoTで利用されるエッジコンピューティングの特徴として、以下の点が明らかになりました。

・ アナリティクス志向: IoTデバイスで生成された膨大なデータを、クラウドに集約せずに、IoTデバイスにより近いところでアナリティクス処理するために、エッジコンピューティングが利用される。
・ システムの機能分散による全体最適化: システム全体(エッジ、クラウド、IoTデバイス)にインテリジェンス機能を分散し、これらを連携させることで、システム全体のコストや負荷を低減させることができる。
・ 異なるエッジ間で連携: エッジコンピューティングがデータ流通プラットフォームとなり、エッジ間でデータを流通させることで、企業や業界の壁を越えてデータを利活用する新たなソリューションとビジネス機会がつくられる。

出典:IDC Japan

エッジコンピューティングとは?フォグコンピューティンとは?

IDC Japanの発表を読んでも、なにやらこれからの時代には必要な技術らしいとは思いますが、はて??? エッジコンピューティング?フォグコンピューティングとはなんでしょう??

少し前から見ることはあったエッジコンピューティングとかフォグコンピューティングですが、どんなもので、何ができるのかが判らない。調べてみても概念的な内容が多くて利用者に何が起こるのかは判り難い

エッジコンピューティング

スマートフォンやIoTデバイスからはクラウド上に存在するコンピュータリソースに対しての通信が行われます。通信はアクセス先への物理的な距離や物理的に接続量が増えることに影響され、リアルタイムでユーザへ応答することが難しい状況になっている。もしくは今後増えていくことが予想されている状況で、ユーザに近い場所に設置したエッジサーバーに処理を分散させ、距離を短縮することや負荷を分散することで通信遅延を短縮する技術(概念)のことを言う。
エッジサーバは、クラウドと連携することによってクラウド側の負荷を分散することでリアルタイム性を向上することができるのではないかと言われている。

(読んで理解したつもりで書いたものなので、間違っていれば申し訳ありません。)

フォグコンピューティング

基本的な概念はエッジコンピューティングと似ていて、クラウドとIoTデバイスの間にフォグとよばれる分散処理を行う環境を設置して処理を分散することで、クラウドへの負荷集中を低減することを目的としている技術(概念)のことを言う。
クラウド(雲)よりも、デバイスに近い位置に存在するためフォグ(霧)と名づけられている。
IoTをにらんだアーキテクチャとなるIoT専門のネットワーク環境コンセプトとなっているのがフォグコンピューティングの特徴で、エッジコンピューティングとフォグコンピューティングは似ているがフォグの方が、よりIoTを意識している点が異なるとされている。

(読んで理解したつもりで書いたものなので、間違っていれば申し訳ありません。)

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side