pukiwikiでadminpasswordを設定する

を導入して初めにやることはFrontPageの編集になると思います。FrontPageの編集を行うには凍結を解除する必要があり、凍結を解除するには、pukiwiki.ini.phpに暗号化したパスワードを記述します。
パスワードの暗号化は、MD5形式が主なようですが、その他の形式でも設定可能となっています。

pukiwiki_main0.png

pukiwiki_main01.png

pukiwiki_main02.png

Admin Password暗号化形式

// SELECT ONE
//$adminpass = ‘pass’; // Cleartext
//$adminpass = ‘{CLEARTEXT}pass’; // Cleartext
//$adminpass = ‘{SSHA}B78f8i/RpNC+CyFdKLH2odaK8hlPNjlOOUUyMA==’; // SSHA ‘pass’
//$adminpass = ‘{SHA}nU4eI71bcnBGqeO0t9tXvY1u5oQ=’; // SHA ‘pass’
//$adminpass = ‘{SMD5}o7lTdtHFJDqxFOVX09C8QnlmYmZnd2Qx’; // SMD5 ‘pass’
//$adminpass = ‘{MD5}Gh3JHJBzJcaScd3wyUS8cg==’; // MD5 ‘pass’
//$adminpass = ‘{CRYPT}$1$nxrVut5a$c9LdXN1rKQC1HQOwBY4O//’; // CRYPT ‘pass’
//$adminpass = ‘{x-php-sha1}9d4e1e23bd5b727046a9e3b4b7db57bd8d6ee684’; // sha1(‘pass’)
//$adminpass = ‘{x-php-md5}1a1dc91c907325c69271ddf0c944bc72’; // md5(‘pass’)
//$adminpass = ‘{x-php-crypt}$1$nxrVut5a$c9LdXN1rKQC1HQOwBY4O//’; // crypt(‘pass’)

引用:pukiwiki BugTrack http://pukiwiki.osdn.jp/dev/?BugTrack/709

MD5形式での記述方法

$adminpass = '{x-php-md5}md5パスワード';

{x-php-md5}はパスワードの形式を示しているので定型文字列と思ってください。md5パスワードに暗号化した文字列を記述します。

$adminpass = '{x-php-md5}md5パスワード';
例:$adminpass = '{x-php-md5}5f4dcc3b5aa765d61d8327deb882cf99';

ここでのサンプル例はpasswordという文字列を暗号化していますが、安直なパスワードは使用してはいけません。

編集したpukiwiki.ini.phpをアップロードして凍結解除できるかを確認します。

** 文字列を暗号化する方法
文字列を暗号化する方法はいくつかありますが、ここではpukiwikiの機能としてMD5暗号化を行う方法を記載します。

  1. トップページURLにアクセスします
    http://pukiwiki設置URL/index.php?FrontPage
  2. pukiwiki_comppass01.png

  3. URLに?cmd=md5を付けてアクセスします
    http://pukiwiki設置URL/?cmd=md5
  4. pukiwiki_comppass02.png

  5. ①に暗号化する文字列を入力、②のPHP md5()をチェック、③の[Compute]ボタンをクリックします
  6. pukiwiki_comppass03.png

  7. 暗号化した結果が表示されます
スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side