動画編集ソフトウェア VEGAS Pro 14がキャンペーンしてます

最近、少しだけ映像に興味が湧いてきたところなんですが、VEGAS Pro 14がなんと87%オフで購入できるというキャンペーンが行われています。

商品名 標準価格(税別) 特別販売価格(税別) 割引率 限定本数
VEGAS Pro 14 Edit 44,289円 4,980円 88% 1,000本
VEGAS Pro 14 66,489円 7,980円 87% 1,000本
VEGAS Pro 14 Suite 88,689円 9,980円 88% 1,000本
VEGAS Movie Studio 14 5,548円 4,480円 19% 300本
VEGAS Movie Studio 14 Platinum 8,878円 6,480円 27% 300本
VEGAS Movie Studio 14 Suite 15,538円 9,800円 36% 300本
Sound Forge Pro 11 44,394円 4,780円 89% 300本
Sound Forge Audio Studio 10 6,658円 3,780円 43% 300本
ACID Pro 7 16,544円 4,780円 71% 300本
ACID Music Studio 10 6,654円 4,580円 31% 300本
VEGAS DVD Architect 11,098円 2,480円 77% 300本

本数限定はあるけれど、凄い割引率です。

ところでVEGAS Proってなんでしょう・・・というレベルなんですが・・・

VEGAS Proとは?

VEGAS Proは、MAGIX Software社が開発/販売しているプロ向けノンリニア動画編集ソフトウェアです。以前はSony Creative Software社が開発/販売していましたが、2016年にMAGIX Software社へ売却されています。

Sony Creative Software社プレスリリース

http://www.sonycreativesoftware.com/jp/news/pressreleases/2016/sony-creative-software-sell-products-to-magix

ノンリニア動画編集とは?(私のイメージした内容のため、本質とは異なる場合があるかと思います)

素人な私なりに調べてみました。高機能なPCなどの宣伝文句でも時々目にするノンリニア編集ですが、動画に興味が無ければあまり馴染みにない言葉(私だけかもしれません)です。映像を編集する際の手法というか、根本の映像データの保持の仕方による編集手法の違いということのようです。
ノンリニア編集は、撮影した映像データをランダムアクセス可能なメディアで保持します。ランダムアクセス可能なメディアというのはHDDなどをイメージすればいいでしょうか。ランダムアクセスできるメディアがあるということは、ランダムアクセスできないメディアもあるということになりますが、これはテープなどのメディアです。
いまは違うと思いますが、以前の映像はテープ(フィルム)に保存されていて、編集するには、必要な箇所を抜き出す、順番を入れ替えるために、テープを切った貼ったしながら1本のテープにコピーするようなイメージです。実際にテープを切らないにしても、必要な箇所を必要な順番でコピーしていくためには、データの箇所毎に再生しながらコピーする必要があり、ノンリニア編集では、映像をHDDにコピーしてしまえば、データの移動は簡単にできるので、イチイチ再生しなくても編集作業が行えます。イメージとしては、テキスト文書で記述してある章(節でも文でもいいです)を、別の場所にコピペするよいな感じでしょうか。というように、ここだけみればリニア編集よりもノンリニア編集の方が効率的にみえますが、実際にはそれだけではないようで、リニア編集にはリニア編集の利点もあり、どちらが優れているというよりは、手法の違いということと感じました。

撮影した映像をコンピュータ上に取り込み、編集作業を行うためのソフトウェアがVEGAS Proということですね。

動画編集ソフトウェアはどんなものがあるの?

動画編集に限った話ではなく、ソフトウェアには同じようなコンセプトのソフトウェアが存在しているものです。
では、VEEGA Proと競合するソフトウェアには、どのようなものがあるのでしょうか?

Windows、Mac標準ソフトウェア

  1. Windowsムービーメーカー
    Windows10では標準でインストールされていません。Windows Windows Essentials 2012もサポート終了しているようです。
  2. iMovie
    Macをお使いの方はiMovieが使えます。

いずれもそれなりに評判はいいようです。プロ向けではありませんので、機能はそれなりということですが、私のような素人さんが試しに使ってみるというのには適しているのかもしれません。無料ですし。

市販ソフトウェア

  1. EDIUS Pro 8
  2. VideoStudio Pro X10
  3. Adobe Premiere Elements 15

価格的には1万円から5万円と幅がありますが、興味を持っただけで使ったことは無いため気になる方はネットを検索してみてください。結局、VEGAS Proの記事ではなくなってしまいました。申し訳ありません。

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side