オープンソースソフトウェア シラサギをPROXY環境でインストール際のproxy設定

シラサギをPROXY環境でインストールする場合に必要な設定

シラサギをPROXY環境下でインストールする際は、OS側でいくつかのPROXY設定が必要です。

内容はCentOSでの話になります。

環境変数にPROXYを設定

全ユーザに対しての設定する場合

#vi /etc/profile

最終行以降に、下記を追加します

PROXY='http://proxyserver:port'
export http_proxy=$PROXY
export HTTP_PROXY=$PROXY
export https_proxy=$PROXY
export HTTPS_PROXY=$PROXY

変更を適用します

#source /etc/profile

変更の確認

# env

下記のような設定は追加されていると思います

HTTPS_PROXY=http://proxyserver:port
https_proxy=http://proxyserver:port
HTTP_PROXY=http://proxyserver:port
http_proxy=http://proxyserver:port

yumの設定

yum.confにPROXYの設定を追加します

# vi /etc/yum.conf

追加
proxy=http://proxyserver:port/

編集例(PROXY設定を入力します)
[main]
proxy=http://192.168.0.11:1234/
cachedir=/var/cache/yum/$basearch/$releasever

wgetの設定

wgetrcのPROXY設定を編集します

# vi /etc/wgetrc

以下の箇所を編集します
# You can set the default proxies for Wget to use for http, https, and ftp.
# They will override the value in the environment.
#https_proxy = http://proxy.yoyodyne.com:18023/
#http_proxy = http://proxy.yoyodyne.com:18023/
#ftp_proxy = http://proxy.yoyodyne.com:18023/

編集例(コメントアウトを外して、PROXYサーバとポートを入力します)
# You can set the default proxies for Wget to use for http, https, and ftp.
# They will override the value in the environment.
https_proxy = http://192.168.0.11:1234/
http_proxy = http://192.168.0.11:1234/
#ftp_proxy = http://proxy.yoyodyne.com:18023/

gitの設定

次のコマンドを実行します(proxy.example.com:8080は、使用しているPROXYサーバとポートに変更します)

git config --global http.proxy http://proxy.example.com:8080
$git config --global https.proxy http://proxy.example.com:8080

コマンドを実行すると、.gitconfigファイルに設定が書き込まれます

[http]
        proxy = http://proxy.example.com:8080
[https]
        proxy = http://proxy.example.com:8080

curlの設定

.curlrcにPROXY設定を記載します

# vi ~/.curlrc

proxy = "http://proxyserver:8080"

gpgの設定

マニュアルに記載のある、次のコマンドをPROXY環境下で実行するには、コマンドにオプションを追加します

gpg2 --keyserver hkp://keys.gnupg.net --recv-keys D39DC0E3

コマンド例

# gpg2 --keyserver hkp://keys.gnupg.net --keyserver-option http-proxy=proxyserver:port --recv-keys D39DC0E3

gemの実行

PROXY環境下でgem installを実行するには、コマンドにオプションを付けて実行します

# gem install パッケージ名 -r -p http://proxyserver:port

不足がありましたら優しくご指摘いただけると幸いです。