ブログを移設したいプロジェクト(第3回)

ブログを移設したいプロジェクト(第3回) Movable形式のデータをインポートする

過去の2回で移設元のデータをエクスポートまで実施してきました。今回はエクスポートしたデータのインポートです。
ブログを移設したいプロジェクト(第1回)
ブログを移設したいプロジェクト(第2回)

Movable形式のデータをインポートする

Movable形式のデータをインポートする方法はいくつかありますが、ここでは、WordPressのプラグインを使ってインポートを試みます。

Movable形式のデータをインポートするプラグイン

Movable形式のデータをインポートするプラグインとして情報が多いので、Movable Type・TypePad インポートツールプラグインを使用します。
Movable Type インポートツール

Movable Type・TypePad インポートツールプラグイン自体は3年前が最後の更新で、4.8.1では検証されていません。ここでは試しという意味合いで使用します。もし、ご自分の環境で試される場合はご自分の責任で実施ください。

Movable Type・TypePad インポートツールプラグインをインストールします
インストールしたプラグインを有効化します

Movable Type・TypePad インポートツールの設定を変更する

初期設定では、インポートする際に記事本文の改行を自動削除してしまい、このままインポート作業をしてしまうと、改行のない文章で書かれた記事になります。

movabletype-importer.phpを変更します。

~/WordPressをインストールしたフォルダ/wp-content/plugins/movabletype-importer/movabletype-importer.php

  1. movabletype-importer.phpをダウンロードします
  2. 455行目をコメントアウトします
  3. 変更前
    if( !empty($line) )
    変更後
    //if( !empty($line) )
    
  4. 456行目の”\n”を”<br />”に変更します
  5. 変更前
    $line .= "\n";
    変更後
    $line .= "<br />"
    
  6. 変更したmovabletype-importer.phpをアップロードします

Movable形式のデータをインポートする

  1. ダッシュボードのサイドメニューから[ツール]を選択して、表示される[インポート]選択します
  2. [インポータを実行]をクリックします
  3. Movable Type インポートツール

  4. 「自分のコンピューターからファイルを選択する: (最大サイズ: 2 MB) 」の[ファイルを選択]ボタンをクリックして、エクスポートしたファイルを選択します
    選択したファイル名が表示されます
  5. Movable Type インポートツール

  6. [ファイルをアップロードしてインポート]ボタンをクリックします
  7. 投稿者の割り当てで投稿者を確認(必要であれば変更)して、[実行]ボタンをクリックします
  8. 投稿一覧からインポートされた投稿を確認します

これだけでは移設は完了ではありません。今回のエクスポート作業では画像がエクスポートされていませんでした。画像は移設前のリンクを指しているので表示はするのですが・・・

次回は、画像の移設について考えます。

スポンサーリンク
spdsk-side




spdsk-side