Basix3.0をVAIO Type-Pにインストールする

3.0をVAIO Type-Pにインストールしてみる

元々Basix3.0をVAIO Type-Pにインストールして使用してみようと考えていました。前回、お試しとしてVritualBoxにインストールしてみましたが、さすがに軽量Linuxということで好感触でしたので、VAIO Type-Pにインストールしてみました。

Basix3.0の記事

軽量と言われるBasix 3.0を使ってみます
軽量と言われるBasix 3.0をインストールして試してみます ネットで軽量Linuxと言われているBasix 3.0 VAIO Type...

Basix3.0とは

Basix3.0の記事にも記述しましたが、Basix 3.0は、Ubuntu16.04(Lubuntu?)ベースの軽量なLinuxディストリビューションです。
ライブCDの部屋様のオリジナルディストリビューションのようです。Basixが軽量と言われる理由として、インストールされるパッケージを最小限になっていて、必要に応じて利用者がパッケージを追加するというディストリビューションとなっているため動作も軽いということになります。

ライブCDの部屋
http://simosnet.com/livecdroom/

Basix3.0をインストールする

  1. インストールメディアをダウンロード
    VAIO Type-Pは32bit OSなので、basix-3.0_i386.isoをダウンロードします
  2. ライブCDの部屋サイトからもダウンロードできますが、ライブCDの部屋様でも理研のミラーサイトからのダウンロードをお勧めしています。

    理研ミラーサイト
    http://ftp.riken.go.jp/Linux/simosnet-livecd/basix/

  3. ダウンロードしたisoファイルをCDやDVD、USBメモリにブートイメージとして焼きます
  4. ブートイメージから VAIO Type-Pを起動します
  5. インストーラに従ってBasix3.0をインストールします
    インストール手順はBasix3.0のインストール記事を参照ください
  6. インストール記事

    軽量と言われるBasix 3.0を使ってみます
    軽量と言われるBasix 3.0をインストールして試してみます ネットで軽量Linuxと言われているBasix 3.0 VAIO Type...
  7. インストールが完了したらログインします
    インストールは、けっこう時間が掛かります(再起動をクリックした後のEnterは忘れずに。同様にログイン画面でのデスクトップ選択も忘れずに。)
  8. ubuntu自体をアップデートします
    とりあえず最新の状態にするという意味合い
    [メニュー] > [設定] > [ソフトウェアの更新] から更新します

このVAIO Type-Pは、無線LANではなく、有線LANとしてUSB LANアダプタのロジテック LOGITEC LAN-TXU2CというUSB LANアダプタ(100MB/)を使用しています。特にドライバのインストールは必要ありませんでした。

使ってみて

軽量Linuxということもあり、動作自体に、それほどストレスは感じませんでした。VAIO Type-PでVISTAを使ってい他ことに比べれば速いと感じました。が、サクサク動くというほどではありませんので、過度の期待はしてはいけません。
ソフトウェアの更新は1時間くらいだったと思います。これは当検証環境の影響もあるため、他の環境であればもっと速いかもしれません。

当サイトのVAIO Type-Pはバッテリーが終わっているのでモバイルには使えませんが、バッテリーが生きているのであれば、モバイルに使える(メールやちょっとしたインターネットサーフィンくらい)レベルでしょうか。

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side