WPA2の脆弱性問題続報

Wi-Fi暗号化技術のWPA2に脆弱性がある問題についての続報

Wi-Fi暗号化技術のWPA2に脆弱性がある問題が指摘されていますが、マイクロソフトでは既に10月10日のセキュリティアップデートで対応済のコメント出しています。、いくつかのLinuxディストリビューションも対応済なようです。

ITmediaニュースによると、Appleは数週間でiOSやMacOSなど、GoogleはAndroidなどの端末向けの修正を数週間のうちにリリースする予定なことが伝えられています。

<strong>ITmedia NEWS</strong>

WPA2の脆弱性「KRACK」対処パッチ、Microsoftは対応済み、AppleのOSとAndroidは数週間中

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1710/17/news044.html

「WPA2」の脆弱性、メーカー各社が対応表明 MicrosoftとLinuxは対応済み

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1710/17/news050.html
ルータ側もアップデートを提供済のところもあります。大手のCiscoさんも今後アップデートを提供予定のようです。
まずは自分の端末や環境を確認しましょう。

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side