Windows Server 2016スタンダードをインストール

2016スタンダードをインストール

Windows Server 2016スタンダードには、2種類のOSがあります。スタンダードのデスクトップエクスペリエンスは通常のWindowsと同様のデスクトップがインストールされます。スタンダードは、デスクトップがインストールされずコマンドラインで使用します。その分、リソースも少なく済むということです。

Windows Server 2016スタンダードのインストール手順

Windows Server 2016スタンダードは、Windows Server 2016スタンダード(デスクトップエクスペリエンス)とインストール方法は同じです。
違いはOSの選択箇所のみ
下記でWindows Server 2016 Standrdを選択します。

Windows Server 2016スタンダード

Windows Server 2016インストール

Windows Server 2016スタンダード(デスクトップエクスペリエンス)

Windows Server 2016インストール

Windows Server 2016のインストールは下記を参照ください。
Windows Server 2016スタンダード(デスクトップエクスペリエンス)をインストールする

インストール後の状態

上記したように、インストール方法自体は同じですが、インストール後から状態が異なります。

<

ol>

  • 初回起動時はAdministratorのパスワード設定画面が表示します
    [OK]にカーソルを合わせて[ENTER]キーを押します
  • Windows Server 2016 Core

  • パスワードを入力します(2回)
  • Windows Server 2016 Core

  • [OK]を選択して[ENTER]キーを押します
  • Windows Server 2016 Core

  • ログインするとコマンドプロンプト画面になります
  • Windows Server 2016 Core

  • ログイン時の状態
  • Windows Server 2016 Core

  • ログアウトするには[Ctrl]+[Alt]+[Del]キーを押します
  • Windows Server 2016 Core

    コマンドプロンプトからサーバをshutdownするには

    shutdownコマンドに-sオプションを付けます。

    shutdown -s
    

    Windows Server 2016 Core
    サンプルでは、間違って-hオプションを付けてエラーになってます。