リモートサーバからPowerShellで接続する

2016 CoreへリモートのWindows Server 2016からPowerShellで接続する

Windows Server 2016 Coreは、GUIを持っていません。コマンドプロンプトからPowerShellを起動して操作することになると思いますが、それならリモートからPowerShellで接続しても同じような気がします。
リモートからPowerShellで接続するには、事前に設定が必要になります。

検証環境

検証環境は2台のWindows Serverで構成しています。

  • Windows Windows Server 2016
  • Windows Server 2016 Core

リモート接続を許可します(接続される側で実施)

接続される側での操作(検証環境ではWindows Server 2016 Core側)でEnable-PSRemotingコマンドを実行します。

PS C:\Users\Administrator> Enable-PSRemoting
PS C:\Users\Administrator>

試しに接続してみます

PSRmotingを実行しただけではエラーになります。エラー内容からはTrustedHostsにしていなければいけないようです。

PS C:\Users\Administrator> Enter-PSSession -ComputerName 192.168.0.4
Enter-PSSession : リモート サーバー 192.168.0.4 への接続に失敗し、次のエラー メッセージが返されました: WinRM クライアン
トは要求を処理できません。認証スキームが Kerberos と異なる場合、またはクライアント コンピューターがドメインに参加してい
ない場合は、 HTTPS トランスポートを使用するか、または宛先コンピューターが TrustedHosts 構成設定に追加されている必要があ
ります。 TrustedHosts を構成するには winrm.cmd を使用します。TrustedHosts 一覧に含まれるコンピューターは認証されていな
い可能性があります。 winrm help config コマンドを実行すると、詳細が表示されます。詳細については、about_Remote_Troublesh
ooting のヘルプ トピックを参照してください。
発生場所 行:1 文字:1
+ Enter-PSSession -ComputerName 192.168.0.4
+ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    + CategoryInfo          : InvalidArgument: (192.168.0.4:String) [Enter-PSSession]、PSRemotingTransportException
    + FullyQualifiedErrorId : CreateRemoteRunspaceFailed

TrustedHostsの設定をします(接続する側で実施)

接続する側(検証環境ではWindows Windows Server 2016側)で接続先のリモートホストを信頼するコマンドを実行します。

PS C:\Users\Administrator> Set-Item WSman:\192.168.0.4\Client\TrustedHosts -Value *

WinRM セキュリティの構成。
このコマンドは WinRM クライアントの TrustedHosts の一覧を変更します。TrustedHosts
の一覧内にあるコンピューターは認証されない可能性があります。クライアントはこれらのコンピューターに資格情報を送信する可
能性があります。この一覧を変更しますか?
[Y] はい(Y)  [N] いいえ(N)  [S] 中断(S)  [?] ヘルプ (既定値は "Y"): y
PS C:\Users\Administrator> 

接続してみます

接続する際のコマンドはEnter-PSSessionです。

PS C:\Users\Administrator> Enter-PSSession -ComputerName 192.168.0.4
[192.168.0.4]: PS C:\Users\Administrator\Documents>

先頭に[192.168.0.4]という接続先が表示されます。通常は名前解決してリモートホスト名などにするのが正しいのかと思います。

説明としては解り難いかも知れませんがネットワーク情報を確認してみます。操作している側とはIPアドレスなどが異なるっていることから、リモートに接続していると確認しました。

[192.168.0.4]: PS C:\Users\Administrator\Documents> ipconfig
Windows IP 構成


イーサネット アダプター イーサネット:

   接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
   IPv6 アドレス . . . . . . . . . . . .: 240f:7e:8dab:1:6da9:bcfa:afde:991b
   リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fe80::6da9:bcfa:afde:991b%3
   IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 192.168.0.4
   サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .: fe80::21b:8bff:fe0b:bc25%3
                                          192.168.0.1

Tunnel adapter Teredo Tunneling Pseudo-Interface:

   接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
   IPv6 アドレス . . . . . . . . . . . .: 2001:0:4137:9e76:c58:834:3f57:fffb
   リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fe80::c58:834:3f57:fffb%5
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .:

Tunnel adapter isatap.{687B963D-867C-462C-A171-320686460EA5}:

   メディアの状態. . . . . . . . . . . .: メディアは接続されていません
   接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
[192.168.0.4]: PS C:\Users\Administrator\Documents>
スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side