iMacのバックアップはtime machineで取る

iMacを購入してから早x年…バックアップを怠っていました

これまで無事動いてきた我が家のiMacくん。期待としては、このまま何も問題無く、いずれ次の機種に代替わりするでしょう。といきたいところです。今日現在、順調に動いています。
期待はあるのですが、機器のトラブル以外にもやっちまったぁぁ。という経験のある方もいるのではないでしょうか。私は何度か(何度も?)やっちまってます。そのくせバックアップを怠るという経験を活かさないダメ人間ですが、ついにiMacくんのバックアップを取ることにしました。

iMacのバックアップ方法

MacOSのバックアップといってもデータの保存の仕方でバックアップ方法はいくつかあります。

  • 純正のバックアップツールTime Machineを使う
  • サードパーティ製のバックアップアプリを使う
  • iCloudへバックアップしたいデータをコピーする
  • 外部のクラウドサービスへバックアップしたいデータをコピーする
  • CD/DVDにデータを焼く

iCloudを含むクラウド上にデータをコピーしておくというのは、データだけみれば十分なバックアップです。ただ、コピーし忘れたり、不要データの削除するを忘れて容量が大きくなり過ぎたりということでiMac自体に何かあった時と言う点では、少し意味合いが違うのかと思います。
サードパーティ製のアプリを使うという点については、純正のTime Machineよりバックアップ時間が短縮できたり、色々なパターンのバックアップができたりとメリットはあると思いますが、Time Machineすら使っていなかった我が家のiMacではメリットが理解できないので、今回はTime Machineでバックアップを取得したいと思います。

Time Machineってなんなの?

Time Machineは、MacOSに搭載されている純正のバックアップツールです。おそらく初回起動時や外付けHDDを接続した際に「バックアップとして使用しますか?」のようなメッセージを見たことがあると思います。私はダメなやつなので無視してここまできています。

Time Machineのバックアップ先

  • Macに直接接続した外付けHDD(USBなど)
  • ネットワーク上のMac Serverなどのストレージ
  • Time Machineに対応したNAS

Time Machineの動作

Time Machineは次のような動作をします。当然と思われる動作ばかりかもしれませんが。

  • 1時間毎にバックアップが作成されます
  • バックアップデータは、1日毎、1週間毎、1ヶ月毎というような単位でまとめられます
  • バックアップは自動と手動に設定変更できます
  • 自動設定いていない場合は手動でバックアップできます
  • バックアップは途中でキャンセルできます
  • バックアップ対象を変更することができます
  • 初回以降は差分のバックアップになります
  • バックアップ先の容量がいっぱいになった場合は古いバックアップデータから削除されます

バックアップを設定する

バックアップの設定は簡単にできました。

    ここではすでに外付けHDDが接続されているものから始めます
  1. [Appleメニュー]→[システム設定→[]Time Machine]を選択します
  2. Mac Backup

  3. [バックアップディスクを選択]をクリックします
  4. Mac Backup

  5. リストからバックアップ先を選択して[ディスクを使用]をクリックします
  6. Mac Backup
    Mac Backup

  7. バックアップ先に指定すると選択したディスクを消去してもいいかの確認が表示します
    バックアップ先に使用する場合は[消去]をクリックします
  8. Mac Backup

  9. [入]に設定します
    バックアップが開始します
  10. Mac Backup
    Mac Backup
    Mac Backup

  11. バックアップが完了するとバックアップ情報と次回のバックアップの情報が記載されています。
    1時間に1回のバックアップが行われます
  12. Mac Backup

バックアップ先に指定するディスクの容量はMacで使用するディスク容量の2倍以上程度のサイズが目安と書かれています。設定が完了すると初回バックアップが始まります。初回はバックアップ対象が多いのでバックアップ時間が掛かります。また、1時間に1回バックアップが動くので少し負荷が掛かるような気がします。

Macを使用していると時々バックアップしているメッセージが表示されますね。
mac backup

データを復元するには

間違って削除してしまったデータがバックアップされていれば、簡単にデータ単位で復元できます。

  1. メニューから[Time Machine]を選択して[Time Machineに入る]を選択します
    Time Machineをメニューに追加している場合です
  2. Mac Backup

  3. 戻したいデータを選択して[復元]をクリックします
  4. Mac Backup

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side