Time Machineがバックアップし過ぎで重くなる

Time Machineのバックアップを1時間おきから変更したい

Time Machineは1時間おきにバックアップしてくれていいと言えるのだけど、少し感覚が短か過ぎる気がします。Time Machineのバックアップ感覚を変えられないかと思っていたら、同じことを思う人がいるのか、ツールまで作っているいとがいるなんて。

TimeMachineEditer

TimeMachineEditerは、Time Machineの実行間隔を変更できるツールのようです。
インストールは公式サイトからダウンロードします。

https://tclementdev.com/timemachineeditor/

ダウンロードされるパッケージは以下
TimeMachineEditor.pkg

TimeMachineEditerをインストールしてみる

  1. ダウンロードしたTimeMachineEditor.pkgをクリックします
  2. インストーラが起動したら[続ける]ボタンをクリックします
  3. Mac TimeMachine Editer

  4. インストール先を選択して[インストール]ボタンをクリックします
  5. Mac TimeMachine Editer

  6. 管理者パスワードを入力して[ソフトウェアをインストール]ボタンをクリックします
  7. Mac TimeMachine Editer

  8. インストールが完了したら[閉じる]ボタンをクリックします
  9. Mac TimeMachine Editer

  10. ダウンロードさいたpkgファイルを削除するかどうかの選択をして完了です
  11. Mac TimeMachine Editer

TimeMachineEditerを起動する

TimeMachineEditerはLounchpadから[TimeMachineEditer]アイコンをクリックして起動します。
Mac TimeMachine Editer

TimeMachineEditerを設定する

  1. [Back up:]で設定します
    ここでは[インターバル]を選択しました
    不使用時w選択すると使用していない時間にバックアップが実行されます
    カレンダーを選択すると指定した日時にバックアップが実行されます
  2. Mac TimeMachine Editer

  3. [:]項目でバックアップを実施する間隔を設定します
  4. Mac TimeMachine Editer

  5. [Do not back up from:]でバックアップしたくない時間を設定します
  6. [Create local snapshpts every hour]でローカルスナップショットを毎時間取得するかを選択します
  7. [適用]ボタンをクリックします
スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side