Windows Server 2016 CoreでIPアドレスを変更する

Coreでネットワーク設定を変更するには

Windows Server 2016 CoreはGUIを持っていないのでコマンドラインで設定する必要があります。

静的IPアドレスを設定に変更するには

サーバのIPアドレスを変更するには、Sconfig.cmdコマンドを使用してIPアドレスの設定変更をします。Sconfig.cmdはIPアドレスのみではなく、その他のネットワーク設定も変更できます。

  1. ログインします
  2. Sconfig.cmdを起動します
  3. Windows Server 2016 sconfig.cmd

  4. [選択するオプションの番号を入力してください:]にネットワーク設定オプションの8を入力します
  5. 設定するネットワークアダプタを選択します
  6. [オプションを選択してください:]に[ネットワーク アダプタ アドレスの設定]の1を入力します
  7. [DHCP(D)、静的IP(S):]に[静的IPアドレス]のSを入力します
  8. [静的IPアドレスを入力してください:]に設定するIPアドレスを入力します
  9. [サブネットマスクを入力してください:]にサブネットマスクを入力します
    デフォルトは255.255.255.0
  10. [デフォルトゲートウェイを入力してください:]にデフォルトゲートウェイのアドレスを入力します
    設定内容が表示されます
  11. Windows Server 2016 sconfig.cmd

  12. [オプションを選択してください:]にメインメニューに戻るの4を入力します/li>
  13. [選択するオプションの番号を入力してください:]にサーバ再起動の13を入力します
  14. [再起動しますか?]に[はい]を選択します

ここでは192.168.0.8というIPアドレスから192.168.0.121に変更しています。
再起動後に、ipconfigコマンドで設定が反映されているかを確認します。

ホスト名を変更するには

IPアドレスの変更と同じSconfig.cmdコマンドで変更します。

  1. ログインします
  2. Sconfig.cmdを起動します
  3. Windows Server 2016 sconfig.cmd

  4. [選択するオプションの番号を入力してください:]にコンピュータ名オプションの2を入力します
  5. コンピュータ名に変更するコンピュータ名を入力します
  6. 変更を反映させるため、サーバを再起動します

再起動後にhostnameコマンドで変更を確認します。

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side