VAIO Type-P上のUbuntu16.04で自宅にサーバを構築 その2

VAIO Type-P上のUbuntu16.04にZabbixサーバを構築する

当サイトの管理しているサーバの状態を確認するため、Zabbixサーバをインストールします。

Zabbixのインストール

spdsk@vaio-1604-100:~$ wget http://repo..com//3.4/ubuntu/pool/main/z/-release/-release_3.4-1+xenial_all.deb
--2018-02-04 17:03:48--  http://repo..com//3.4/ubuntu/pool/main/z/-release/-release_3.4-1+xenial_all.deb
repo..com (repo..com) をDNSに問いあわせています... 162.243.159.138
repo..com (repo..com)|162.243.159.138|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 3884 (3.8K) [application/x-debian-package]
`-release_3.4-1+xenial_all.deb' に保存中

-release_3.4-1+xen 100%[==================================>]   3.79K  --.-KB/s    時間 0s    

2018-02-04 17:03:48 (60.3 MB/s) - `-release_3.4-1+xenial_all.deb' へ保存完了 [3884/3884]

spdsk@vaio-ubuntu1604-100:~$ ls
-release_3.4-1+xenial_all.deb

spdsk@vaio-ubuntu1604-100:~$ sudo dpkg -i -release_3.4-1+xenial_all.deb
以前に未選択のパッケージ -release を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 92897 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
-release_3.4-1+xenial_all.deb を展開する準備をしています ...
-release (3.4-1+xenial) を展開しています...
-release (3.4-1+xenial) を設定しています ...

spdsk@vaio-ubuntu1604-100:~$ sudo apt update
ヒット:1 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu xenial InRelease
取得:2 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu xenial-updates InRelease [102 kB]                       
取得:3 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu xenial-backports InRelease [102 kB]                     
取得:4 http://repo..com//3.4/ubuntu xenial InRelease [7,093 B]                         
取得:5 http://security.ubuntu.com/ubuntu xenial-security InRelease [102 kB]                        
取得:6 http://repo..com//3.4/ubuntu xenial/main Sources [881 B]
取得:7 http://repo..com//3.4/ubuntu xenial/main i386 Packages [2,512 B]      
317 kB を 1秒 で取得しました (166 kB/s)                         
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています        
状態情報を読み取っています... 完了
パッケージはすべて最新です。

spdsk@vaio-ubuntu1604-100:~$ sudo apt install -server-mysql -frontend-php -agent
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
以下の追加パッケージがインストールされます:
  apache2 apache2-bin apache2-data apache2-utils fontconfig-config fonts-dejavu-core fping libaio1
  libapache2-mod-php libapache2-mod-php7.0 libapr1 libaprutil1 libaprutil1-dbd-sqlite3
  libaprutil1-ldap libcgi-fast-perl libcgi-pm-perl libcurl3 libdbd-mysql-perl libdbi-perl
  libencode-locale-perl libfcgi-perl libfontconfig1 libgd3 libhtml-parser-perl libhtml-tagset-perl
  libhtml-template-perl libhttp-date-perl libhttp-message-perl libiksemel3 libio-html-perl
  libjbig0 libjpeg-turbo8 libjpeg8 libltdl7 liblua5.1-0 liblwp-mediatypes-perl libmysqlclient20
  libodbc1 libopenipmi0 libsensors4 libsnmp-base libsnmp30 libssh2-1 libterm-readkey-perl libtiff5
  libtimedate-perl liburi-perl libvpx3 libxpm4 libxslt1.1 mariadb-client-10.0
  mariadb-client-core-10.0 mariadb-common mariadb-server-10.0 mariadb-server-core-10.0
  mysql-common php-bcmath php-common php-gd php-ldap php-mbstring php-mysql php-xml php7.0-bcmath
  php7.0-cli php7.0-common php7.0-gd php7.0-json php7.0-ldap php7.0-mbstring php7.0-mysql
  php7.0-opcache php7.0-readline php7.0-xml snmpd ssl-cert ttf-dejavu-core

***長いので略***

Enabling conf .
To activate the new configuration, you need to run:
  service apache2 reload
libc-bin (2.23-0ubuntu10) のトリガを処理しています ...
systemd (229-4ubuntu21) のトリガを処理しています ...
ureadahead (0.100.0-19) のトリガを処理しています ...
ufw (0.35-0ubuntu2) のトリガを処理しています ...
libapache2-mod-php7.0 (7.0.22-0ubuntu0.16.04.1) のトリガを処理しています ...
spdsk@vaio-ubuntu1604-100:~$ 

## データベースの設定
spdsk@vaio-ubuntu1604-100:~$ sudo mysql -uroot -p
Enter password: 
Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 42
Server version: 10.0.33-MariaDB-0ubuntu0.16.04.1 Ubuntu 16.04

Copyright (c) 2000, 2017, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> create database  character set utf8 collate utf8_bin;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> grant all privileges on .* to @localhost identified by 'mampv056';
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)

MariaDB [(none)]> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| performance_schema |
|              |
+--------------------+
4 rows in set (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> quit

データベースに初期データを投入

spdsk@vaio-ubuntu1604-100:~$ sudo zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql*/create.sql.gz | mysql -uzabbix -p zabbix
Enter password:
spdsk@vaio-ubuntu1604-100:~$

zabbix_server.confの設定

spdsk@vaio-ubuntu1604-100:~$ sudo vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf 
[sudo] spdsk のパスワード: 

次の箇所を確認と変更します。当サイトの検証機ではDBHostのコメントアウトを外し、DBPasswordにパスワードを入れました。

DBHost=localhost
DBName=zabbix
DBUser=zabbix
DBPassword=

Zabbixサービスを開始

Zabbixサービスを開始します。

spdsk@vaio-ubuntu1604-100:~$ sudo systemctl start zabbix-server.service
spdsk@vaio-ubuntu1604-100:~$ systemctl status zabbix-server
● zabbix-server.service - Zabbix Server
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/zabbix-server.service; disabled; vendor preset: enabled)
   Active: activating (auto-restart) (Result: exit-code) since 日 2018-02-04 17:59:11 JST; 3s ago
  Process: 28579 ExecStop=/bin/kill -SIGTERM $MAINPID (code=exited, status=0/SUCCESS)
  Process: 28574 ExecStart=/usr/sbin/zabbix_server -c $CONFFILE (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 28578 (code=exited, status=1/FAILURE)

 2月 04 17:59:11 vaio-ubuntu1604-100 systemd[1]: zabbix-server.service: Unit entered failed state.
 2月 04 17:59:11 vaio-ubuntu1604-100 systemd[1]: zabbix-server.service: Failed with result 'exit-cod

PHP設定

/etc/zabbix/apache.confのPHP設定を行います。
php_value date.timezone Europe/RigaをAsia/Tokyoのように変更します。

変更前

    
        php_value max_execution_time 300
        php_value memory_limit 128M
        php_value post_max_size 16M
        php_value upload_max_filesize 2M
        php_value max_input_time 300
        php_value always_populate_raw_post_data -1
        # php_value date.timezone Europe/Riga
    

変更後

    
        php_value max_execution_time 300
        php_value memory_limit 128M
        php_value post_max_size 16M
        php_value upload_max_filesize 2M
        php_value max_input_time 300
        php_value always_populate_raw_post_data -1
        php_value date.timezone Asia/Tokyo
    

apacheを再起動

apacheを再起動します。

spdsk@vaio-ubuntu1604-100:~$ sudo systemctl restart apache2.service
spdsk@vaio-ubuntu1604-100:~$ systemctl status apache2.service
● apache2.service - LSB: Apache2 web server
   Loaded: loaded (/etc/init.d/apache2; bad; vendor preset: enabled)
  Drop-In: /lib/systemd/system/apache2.service.d
           └─apache2-systemd.conf
   Active: active (running) since 日 2018-02-04 18:04:48 JST; 4s ago
     Docs: man:systemd-sysv-generator(8)
  Process: 29021 ExecStop=/etc/init.d/apache2 stop (code=exited, status=0/SUCCESS)
  Process: 29047 ExecStart=/etc/init.d/apache2 start (code=exited, status=0/SUCCESS)
    Tasks: 6
   Memory: 14.0M
      CPU: 434ms
   CGroup: /system.slice/apache2.service
           ├─29064 /usr/sbin/apache2 -k start
           ├─29067 /usr/sbin/apache2 -k start
           ├─29068 /usr/sbin/apache2 -k start
           ├─29069 /usr/sbin/apache2 -k start
           ├─29070 /usr/sbin/apache2 -k start
           └─29071 /usr/sbin/apache2 -k start

 2月 04 18:04:46 vaio-ubuntu1604-100 systemd[1]: Starting LSB: Apache2 web server...
 2月 04 18:04:46 vaio-ubuntu1604-100 apache2[29047]:  * Starting Apache httpd web server apache2
 2月 04 18:04:47 vaio-ubuntu1604-100 apache2[29047]: AH00558: apache2: Could not reliably determine 
 2月 04 18:04:48 vaio-ubuntu1604-100 apache2[29047]:  *
 2月 04 18:04:48 vaio-ubuntu1604-100 systemd[1]: Started LSB: Apache2 web server.

zabbixサーバの初期設定

Webブラウザからhttp://サーバのIPアドレス/zabbix/でアクセスします。初回起動時はzabbixの構成画面が表示します。
zabbix

  1. WelCome画面で[Next Step]ボタンをクリックします
  2. zabbix

  3. Check of pre-requisites画面でcheckがOKなことを確認して[Next Step]ボタンをクリックします
  4. zabbix

  5. Configure DB connection画面で入力項目を埋めて[Next Step]ボタンをクリックします
    これまでの設定通りであればpasswordを入れるのみです。アカウントとパスワードはzabbixサーバインストール時に設定したものです。
  6. zabbix

  7. Zabbix server details画面で入力項目を埋めて[Next Step]ボタンをクリックします
    [Name]項目は、Webインターフェース上に表示する名前を入力します
  8. zabbix

  9. Pre-installation summary画面で入力内容を確認して[Next Step]ボタンをクリックします
  10. zabbix

  11. インストール完了です。[Finish]ボタンをクリックします
  12. zabbix

  13. ログイン画面が表示されます
    アカウント:Admin パスワード:zabbixでログインできます
  14. zabbix

  15. Zabbx Dashboadが表示します
  16. zabbix

日本語表示にするには

Zabbix  Dashboardの表示を日本語表示にするには、[User Profile]の設定から[Language]を変更します。
zabbix
Japanese(ja_JP)を選択します。
zabbix
表示が変わるとこんな感じです。
zabbix

モニタリング設定

モニタリング設定は過去の記事を参考にしていただければと思います。
zabbixをインストールしてサーバを監視してみよう モニタリング設定編

今回はZabbixのインストールまでとさせていただきます。
次回はwikiサーバのインストール方法を予定していますが、今後の記事でアラートが発生した場合は、ZabbixサーバからSlackに対して投稿する設定も予定しています。