ESXi6で仮想マシンを作成する

ESXi6でで仮想マシンを作成するには

vSphere Clientを使用してESXi6.0上に仮想マシンを作成する方法です。
色々と情報が含まれているため不要な箇所はモザイク処理をしています。

データストアにインストールイメージをアップロード

インストール時にロードするインストールイメージをアップロードしておきます。

  1. vSphere Clientでログインします
  2. ホストを選択して[構成]タブをクリックします
  3. vmware Esxi6.0

  4. [ストレージ]項目をクリックします
  5. vmware Esxi6.0

  6. [datastore1]を右クリックして[データストアの参照]を選択します
    お使いの環境が[datastore1]ではない場合はアップロード先のデータストアを選択してください
  7. vmware Esxi6.0

  8. データストアブラウザで[このデータストアにファイルをアップロード]アイコンをクリックします
  9. vmware Esxi6.0

  10. [ファイルのアップロード]を選択します
  11. vmware Esxi6.0

  12. アイテムのアップロードダイアログが開いたらアップロードするイメージを選択して[開く]ボタンをクリックします
  13. アップロードの警告に[はい]ボタンをクリックします
  14. vmware Esxi6.0

  15. アップロードが完了するとデータストア内にイメージファイルが追加されます

新規仮想マシンを作成する

  1. vSphere Clientのメニュー[ファイル]→[新規]→[仮想マシン]を選択します
  2. vmware Esxi6.0

  3. 構成を選択して[次へ]をクリックします
  4. vmware Esxi6.0

  5. 仮想マシン名を入力して[次へ]をクリックします
  6. vmware Esxi6.0

  7. 保存するデータストアを選択して[次へ]をクリックします
  8. vmware Esxi6.0

  9. 作成する仮想マシンのOSを選択して[次へ]をクリックします
    ここではWondowsを選択しています
  10. vmware Esxi6.0

  11. ネットワークとアダプタを選択して[次へ]をクリックします
    ネットワークは作成済のものがリストされます
  12. vmware Esxi6.0

  13. 仮想マシンのディスクサイズを入力して[次へ]をクリックします
    シックとThinは予めディスクサイズを確保するか、使用状況によって増加するかの違いと思ってください
    特に問題がなければthinプロビジョニングを選択すればいいと思います
  14. vmware Esxi6.0

  15. 設定を確認して[終了]をクリックします
  16. vmware Esxi6.0

  17. 仮想マシンが作成されます
スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side