Tsunashima サスティナブル・スマートタウンがオープン

横浜市でTsunashima サスティナブル・スマートタウンというプロジェクト

Tsunashima サスティナブル・スマートタウン プロジェクトは、神奈川県横浜市港北区の綱島地域で行われているプロジェクトで、数々の環境目標を掲げた、環境に優しい街づくりというもの。
この地域には、元々Panasonicの工場がありましたが、Panasonicの工場が移転した跡地の企業、商業施設、分譲マンション、学生寮のエネルギー供給と街の維持管理を行っていくそうです。

公式サイト
http://tsunashimasst.com/JP/

Tsunashima サスティナブル・スマートタウン

私は比較的近くに居住していた(とは言っても、神奈川県の東部くらいの意味なんですが)ので、Panasonicの跡地はしばらく何もしてなかった(傍目には)ので、何になるのかと思っていたのですが、昨年、Appleがアジア初の技術開発施設を作り、隣には商業施設アピタテラス横浜綱島がオープンしました。
近隣の大学と言えば慶応義塾大学ですね。まぁ、慶応自体は綱島ではなくお隣の日吉ですが、学生寮としては大学から近場です。東京ガスやENEOS、建設を担当した大林組などが参加しています。そして、元々工場を所有していたPanasonicと慶応義塾大学が中心で進めてきたプロジェクトです。

環境目標

2005年度と比較しての数値のようですが

  • CO2排出量を40%
  • 生活用水使用量を30%削減
  • 太陽光発電などの再生可能エネルギーの利用率を30%以上

併せて、国際環境性能総合評価「LEED ND(Leadership in Energy and Environment Design Neighborhood Development)」の取得も目指すとのことです。

Tsunashima サスティナブル・スマートタウンの施設

プロジェクトでは、タウンエネルギーセンターと横浜綱島水素ステーションを開設。この施設を中心に企業、商業施設、学慶応義塾大学国際学生寮の1階は「タウンマネジメントセンター」となり、街の維持管理や災害支援の他、街に関わる企業・住民・自治体などのステークホルダーがイノベーションを創出するための拠点「イノベーションスタジオ」や「エクスチェンジスタジオ」生寮、分譲マンションが作られています。

タウンエネルギーセンターは、系統電力の供給と共に、都市ガスによるガスタービンコージェネレーションを行うことで、エリア内の施設に電力と熱を供給する。各施設で個別にエネルギー供給を行う場合と比べて省エネルギーでCO2削減ができる。また、災害時に系統電力に停電が発生した場合も、タウンエネルギーセンター内のタンク内に貯めてあるガスを使って発電ができる。これはエリア内に最大3日間にわたって電力を供給できるという。

横浜綱島水素ステーションは、燃料電池車への補給と共に、タウン内に設置する純水素型燃料電池への水素供給をする。水素利活用について情報発信を行う施設も併設していて、水素社会化を推進するショールームとしての活用するという。
水素ステーションは都心部では時々見掛けるので、それほど目新しいものではありませんが、ENEOSの施設です。

アピタテラス横浜綱島は、環境に配慮した次世代型ショッピングセンターとして、人物特徴検知機能を持つ防犯カメラによる警備や多言語自動翻訳システムを導入しているようです。また、ヒートポンプを用いたハイブリッド空調などを活用して、イベントなどが開催可能な広場や集会室を備えることで地域コミュニティーの交流の場を構築するそうです。

慶応義塾大学国際学生寮は、1階にタウンマネジメントセンターという施設があり、街の維持管理や災害支援、街に関わる企業、住民、自治体などのステークホルダーがイノベーションを創出するための拠点 イノベーションスタジオ や エクスチェンジスタジオ という施設を開設しています。イノベーションを創出するための拠点というのは、時々聞くのですが、現実的には抽象的で判り難いですが、なんかしてくるのでは?という期待感が湧いてくる言い回しとういつも感じてます。私の知識の無さが要因だと思いますけど。

この他に、街全体のエネルギーフローや、各所に設置された温湿度、花粉量、PM2.5、通行人の動きなどをセンサーで取得して、街に関するデータを街の3次元モデル上に合わせて見える化しているとんこと。これは少し見てみたい気がします。

同様の取り組みは大阪でも行われているようで、今後は都市部を中心に継続して取り組むのかと思われます。

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side