Cloudflare DNS 1.1.1.1

話題になっているCloudflare 1.1.1.1

Cloudflare DNS 1.1.1.1
スピードとプライバシー保護で話題になっているPublic DNSのCloudflare DNS 1.1.1.1

公式サイト
https://1.1.1.1/ja-jp/

そもそもDNSってなにするの?

DNSはDomain Name Systemの頭文字を取ったもので、コンピュータ名(ホスト名)をIPアドレスに変換して、目的のコンピュータにアクセスできるようにするものです。IPアドレスを知っているのであればDNSは不要とも言えるのですが、数字の羅列を覚えることは困難ですし、DHCPを使っている場合にはIPアドレスが動的に変わってしまえば目的のサイトに到達できなくなります。

Webブラウザを使用してコンピュータがどこかのサイトにアクセスする場合、通常は、URLでDNSに接続先のIPアドレスを問い合わせします。問い合わせを受けたDNSは、自らの管理するコンピュータに該当するものがないかを確認します。該当するものがなければ、上位のDNSに問い合わせを投げます。そのDNSにも該当するものがなければ、また上位のDNSに問い合わせを投げる形で複数のDNSが役割を担ってアクセスしたいサイトへのIPアドレスを教えてくれる。というものです。

上位のDNSと書きましたが、DNSに自分の担当する範囲があるので、上位のDNSは自分の管理する範囲に該当する情報を管理しているだろうDNSがあれば、そのDNSに問い合わせを投げます。このような構成をドメイン・ツリーと呼びます。

Cloudflare DNS 1.1.1.1とは

DNSがなんとなく解かったとして、Cloudflare DNS 1.1.1.1が話題になっているのはなぜでしょう?

Cloudflare DNS 1.1.1.1はユーザ側リゾルバと言われる
まずひとつは、世界最速と言っている応答速度の速さです。公式サイトにGoogleやCiscoが運営しているDNSとの比較が公開されてました。これは数字が少ない方が速いという意味で、DNSの応答が速ければアクセス時間も速くなる。たぶん。というものです。
Cloudflare DNS 1.1.1.1

次に、一般的なDNSはInternet Service Providerやネットワーク企業が管理しています。DNSの仕組みから考えても、通信データが暗号化されていても、DNSを通るアクセス履歴は各DNSで保存できるわけです。各社とも通信の秘密を謳っていることがほとんどですから、情報漏洩には当たらないですが、各社とも自社のマーケティングやターゲッティング広告には使うようなことが書かれているのではないでしょうか。従って、悪い人がいれば情報を売ってもうけよう。なんてことも有り得なくはないのです。Cloudflareでは、1.1.1.1のサービスにおいて、ユーザーのIPアドレスを記録しないと公開していて、これを証明するため、KPMGによる監査を毎年行うとしているのでプライバシー保護を謳ています。

設定方法

設定はDNSの設定を変更します。

Mac

  1. [システム環境設定]を開きます
  2. [ネットワーク]をクリックします
  3. 接続しているアダプタを選択して[詳細]ボタンをクリックします
  4. Cloudflare DNS 1.1.1.1

  5. [DNS]を選択します
  6. Cloudflare DNS 1.1.1.1

  7. [+]をクリックしてアドレスを入力します
    入力するのは1.1.1.1と1.0.0.1
  8. Cloudflare DNS 1.1.1.1

  9. [OK]をクリックして完了

Windows

サンプルはWindows8.1ですが、他のバージョンでも同じような設定です。アダプタのプロパティの開き方は方法がいくつかありますので、下記はそのひとつです。

  1. [コントロールパネル]を開きます
  2. [ネットワークとインターネット]をクリックします
  3. [ネットワークと共有センター]をクリックします
  4. [アダプターの設定の変更]をクリックします
  5. Cloudflare DNS 1.1.1.1

  6. 接続しているアダプターを右クリックで選択して[プロパティ]を選択します
  7. Cloudflare DNS 1.1.1.1
    Cloudflare DNS 1.1.1.1

  8. [インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4]を選択して[プロパティ]をクリックします
  9. Cloudflare DNS 1.1.1.1

  10. DNSサーバのアドレスを追記して[OK]をクリックします
    下記のような感じ
  11. Cloudflare DNS 1.1.1.1

IPv6を使っているならば2606:4700:4700::11112606:4700:4700::1001を[インターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)]の設定で記入します。

私のPCも変えてみようかと思ったのですが、こんな情報もあるので考え中です。

@znz blog cloudflareのDNS 1.1.1.1を使うとインターネットが遅くなるかもしれない
https://blog.n-z.jp/blog/2018-04-04-cloudflare-dns.html

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side