+メッセージと言うのがサービス開始されるらしい

3キャリアが+メッセージと言うサービスを開始するようです

+メッセージ
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社が携帯電話番号だけでやりとりできる新たなメッセージサービス「+メッセージ」を、5月9日から3社のスマートフォンやタブレット向けに提供すると発表しました。

+メッセージは、RCS(Rich Communication Services)に準拠しているもので、RSCに準拠したサービスは海外のキャリアも採用が進んでいるものです。

これまでもキャリア毎にSMSの機能を持っていました。ドコモのショートメッセージ、auのCメール、ソフトバンクのS!メールが該当するのでしょうか。

RCS(Rich Communication Services)って

RSCは、携帯端末で使用するSMSの後継として標準化されている?目指している?規格です。

SMS

SMSは携帯番号を宛先として、70文字程度の短いメッセージを送信することができます。携帯番号を知っていれば利用できること、各キャリアで同様の機能が使われていることから使っている、使えることは知っているという人も多いのではないでしょうか。
ただ、SMS機能は、大きなサイズのファイル(解像度が高い画像など)を送信したり、グループチャットを行ったりと言う点で制約があったり、いわゆる既読通知やライブ動画やビデオ動画を送信するなど、キャリアアプリで対応している機能もありますが、標準化されたものではありませんでした。

RCSによって変わること?

これまでもキャリアを超えてSMSを送信することができた(標準で出来た訳ではない?)ようです(私は同じキャリアでないと使えないと思ってました)が、規格の標準化によって、キャリアの垣根を越えてメッセージを送りあうことが可能になります。当然、海外キャリアに対しても使えるということになりますが、規格は同じものを使っているが現時点では海外キャリアとやりとりはできないそうです。

+メッセージでできること

+メッセージはキャリアのSMSやAppleのiMessageなどと機能エリアが被りますが、OSやキャリアに縛りがないという点で、国内ではLINEに近いものになるでしょう。すでにデファクトとなっているLINEを+メッセージが簡単にひっくり返すことはないでしょうけでも、これまでLINEを使っていないユーザにどれだけ使ってもらえるか?というところになるでしょうか。

+メッセージは、次のようなことができます。

  • 文字数は全角2730文字(SMSは70文字)
  • 写真や動画の送信
  • 既読通知(ON/OFF設定可能)
  • スタンプの利用
  • グループチャット
  • 位置情報の送信

RSCの規格としては音声IP通話やビデオ通話もできるようですが、+メッセージには含まれていないようです。

+メッセージを使うには

まだサービスがリリースされていませんが、+メッセージを使用するには、Android4.4以上のスマートフォン、iOS9以上のiPhone、iPadが必要になります。
Android端末では、auはCメールアプリ、ソフトバンクはSoftbankメールアプリをアップグレードすることで使用できるようです。ドコモはアプリ自体をダウンロードする必要があるようです。
iPhone、iPadはキャリアに関係なく、アプリをダウンロードする必要があるようです。

利用開始時には電話番号で認証が行われるため、SIMが挿入されている必要があり、認証後はSIMなしでWiFiでも使えるようです。

ガラケーやMVNOでの利用は、今後検討するようです。

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side