コマンドプロンプトからSSH接続したい

WindowsコマンドプロンプトからLinuxにSSH接続したい

PowerShellを使えという気がしないでもないですが、コマンドプロンプトからLunixにSSH接続がしたいと思いました。

マイクロソフト製のOpenSSHをダウンロード

コマンドプロンプトからSSHを使用する方法はいくつかあるようですが、マイクロソフト製が公開されているので、そちらを使用したいと思います。

  1. git-hubからWin32-OpenSSHをダウンロードします
    https://github.com/PowerShell/Win32-OpenSSH/releases/latest
    OpenSSH-Win32.zip
    OpenSSH-Win64.zip
  2. ダウンロードしたファイルを解凍します

SSH接続を確認します

  1. コマンドプロンプトを開きます
  2. sshコマンドを実行します
    ダウンロードファイルの解凍先に移動するか、解凍先までのPathを入力してコマンドを実行します
  3. C:\Users\xxxxx\Desktop\OpenSSH-Win64> root@192.168.56.103
    The authenticity of host '192.168.56.103 (192.168.56.103)' can't be established.
    
    ECDSA key fingerprint is SHA256:FaGWTwv4wDzj7Yeg+T******tjc8H6gK6PQrhRK6BoRo.
    Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
    Warning: Permanently added '192.168.56.103' (ECDSA) to the list of known hosts.
    root@192.168.56.103's password:
    Last login: Tue Mar 20 14:06:45 2018 from 192.168.56.1
    
    [root@centos7-gnm-103 ~]#
    
  4. アクセスできました

PATH設定をします

イチイチ解凍先まで移動したり、Pathを入力するのは面倒なので、環境変数にOpenSSH-Win64へのPathを設定します。
解凍したフォルダはCドライブの直下に移動したため、c:\OpenSSH-Win64にPathを通します。

現状の設定を確認します

C:\ > echo %path%

C:\Program Files (x86)\Common Files\Oracle\Java\javapath;C:\ProgramData\Oracle\Java\javapath;C:\Ruby23-x64\bin;C:\Program Files (x86)\Intel\iCLS Client\;C:\Program Files\Intel\iCLS Client\;C:\\system32;C:\;C:\\System32\Wbem;C:\\System32\WindowsPowerShell\v1.0\;C:\Program Files\Intel\Intel(R) Management Engine Components\DAL;C:\Program Files\Intel\Intel(R) Management Engine Components\IPT;C:\Program Files (x86)\Intel\Intel(R) Management Engine Components\DAL;C:\Program Files (x86)\Intel\Intel(R) Management Engine Components\IPT;C:\\System32\WindowsPowerShell\v1.0\;%JAVA_HOME%bin;C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_101\bin;;C:\\System32\WindowsPowerShell\v1.0

OpenSSH-Win64へのPathを設定します

C:\ > set PATH=C:\OpenSSH-Win64;%PATH%

設定変更を確認します

判り易いかと思って、PATH設定の先頭に入れてみましたが、判り難いかも。

C:\ > echo %path%

C:\OpenSSH-Win64;C:\Program Files (x86)\Common Files\Oracle\Java\javapath;C:\ProgramData\Oracle\Java\javapath;C:\Ruby23-x64\bin;C:\Program Files (x86)\Intel\iCLS Client\;C:\Program Files\Intel\iCLS Client\;C:\windows\system32;C:\windows;C:\windows\System32\Wbem;C:\windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0\;C:\Program Files\Intel\Intel(R) Management Engine Components\DAL;C:\Program Files\Intel\Intel(R) Management Engine Components\IPT;C:\Program Files (x86)\Intel\Intel(R) Management Engine Components\DAL;C:\Program Files (x86)\Intel\Intel(R) Management Engine Components\IPT;C:\windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0\;%JAVA_HOME%bin;C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_101\bin;;C:\windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0

C:\OpenSSH-Win64が追加されているので、設定は完了です。

永続的にPATH設定を有効にするには

setでは、設定したコマンドプロンプト上でした有効ではありません。コマンドプロンプトを閉じたり、別のコマンドプロンプトでは設定されていません。
永続的に設定を行うには

  1. [コントロールパネル]→[システムの詳細設定]→[環境変数]→[PATH]を選択→[編集]をクリックします
  2. [変数値]にPATHを追加して[OK]をクリックします
  3. Path

setxコマンドの方が楽ですかね。

PATH設定後の動作を確認します

PATH設定後に、SSH接続を実行して、PATHが通っているかを確認します。

C:\Users\xxxxx\>ssh root@192.168.56.103
root@192.168.56.103's password:
Last login: Tue Mar 20 14:06:45 2018 from 192.168.56.1

[root@centos7-gnm-103 ~]#

PATHが通っていることが確認できました。

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side