UCaaSとCPaaSとかってなに?

XXaaSという略称が多いなぁ

XXaaSという略称が多くて、どれがどれやらという気持ちになっているのは私だけでしょうか?
以前から言われている有名なものはIaaS、PaaS、SaaS、DaaSでしょうか。

UCaaSとCPaaSとかってなに?

Cloudサービスが一般的になって随分立ちますが、○aaSという略称が多いです。最近知ったCPaaSというのがありましたが、これはなに?
ネットワークを通じてサービスを提供するものですが、提供する範囲によってカテゴリされています。

名称

略称 サービス内容
IaaS Infrastructure as a Service ネットワークなどを含めたインフラを提供するサービス
PaaS Platform as a Service OSなどのPlatform環境を提供するサービス
SaaS Software as a Service ソフトウェア利用環境を提供するサービス
DaaS Desktop as a Service デスクトップ環境を提供するサービス
UCaaS Unified Communications as a Service 音声、ビデオ、メッセージング
CPaaS Communications Platform as a Service 音声、ビデオ、メッセージング

実際はもっと沢山あります。

上記だけ見るとUCaaSもCPaaSも同じようにみえますね。調べてみると
UCaaSは、「ビジネスユーザーに高品質のエクスペリエンスを提供することに重点を置き、コミュニケーションとコラボレーションのツールへのアクセスの統合を実現する。」
CPaaSは、「APIを使用して、サードパーティーのビジネスアプリケーションにコミュニケーションを埋め込んで統合エクスペリエンスを生み出す。」
と説明されていました。

何やら判り難いのは私だけでしょうか?
無い頭で考えると、UCaaSは、既存の電話会議やチャットなどをCloud上にサービスとして展開することでオンプレミスの代替として利用できるもの。PPaaSは、各コミュニケーションサービスが持つAPIを活用して、統合して使用できるようにサービス展開しているもの。ということでしょうか。

例えば、あるWebアプリから、チャットサービスのAPIを呼び出して、Webアプリ上からチャットへ投稿できるというようなものもCPaaSになるのかと思いまし、PCやスマートフォンを使って、病院とか居酒屋などに予約した際に、予約システムから予約の受付メールが届く。届いたメールに予約の時間や人数などが記載されていたりするということはなかったでしょうか?
このように、予約システムがAPIを使ってメールを出したりという連携を行うシステムが CPaaSと呼ばれるもののサービスです。

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side