IoTデバイスに感染してボットネットを構築するマルウェア Satori

wifi

IoTデバイスに感染してボットネットを構築するマルウェア Satori が新種のワーム型マルウェアを拡散させているようです

新種のワーム型マルウェアは、Satoriが構築したボットネットを通じて拡散して、ワーム方式で増殖するというもののようです。Satoriは過去に大規模攻撃を引き起こしたMiraiをベースに作られているもので、脆弱性のあるIoTデバイスを探してデフォルトの設定であれば、そのIoTデバイスをコントロールします。コントロール下においたIoTデバイスから、また次のコントロール可能なIoTデバイスを探してボットネットを拡げていきます。多数の支配したIoTデバイスからのDDoS攻撃が行われる為、被害も拡大するとのことです。ベンダーなどの対策は行われているようですが、対策すると次の亜種が登場するという

個人宅で行える対策としては、ファームウェアを最新にしておくことや、IoTデバイスの管理者アカウントのパスワードをメーカー出荷時のものから変更するなどでしょうか。

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side