DELL社が発表した100人未満の企業におけるIT担当者アンケート結果

DELL社が発表したスモールビジネスのIT担当者に対する意識調査結果

デル社が、2018年4月に全国のスモールビジネス(従業員1~99人)のIT担当者745人に対して実施した独自の調査結果を発表しています。
当サイトのコンセプトに合致している(いまは随分離れてしまっていると思いますが)ので、気になりました。

IT担当者は兼任がほとんど

スモールビジネスのIT担当者は92.8%が他の業務と兼任しているとのこと。そして、兼任のIT担当者の55.6%が専任のIT担当者が必要と回答しています。

どちらも頷けるアンケート結果です。少ない人数で運営している企業は、IT専任担当者よりも他の業務にリソースを投入するのは当然です。IT担当者となると何でも屋的な動きを求められたり、昨今のセキュリティ、コンプライアンスという企業運営の根幹に関わる問題にも対処しなくてはならないため、IT専任担当者を採用して欲しいという気持ちにもなります。
55.6%という半数以上の方がIT専任担当者を希望している結果よりも、44.4%の方はIT専任担当者は不要と回答している点にも驚きます。
デル社の企業ユーザに対してのアンケートですので、ITの活用があまり必要ではない業種もありますので、驚くべき結果ではないのかもしれません。

また。IT業務に割く時間も53.7%は主の業務が9割でIT業務が1割程度。1日8時間とした場合で40分程度であれば、それほどの負担ではないということなのかもしれません。

IT知識レベルは?

兼任のIT担当者の有するIT知識レベルは、「十分ある。」「大体ある。」というレベルの方が39.7%で、「少しある。」という方が43.4%なので、80%以上の兼任担当者はできる人がやっているということなのかと思います。
ちなみに、「少しある。」というレベルは、パソコンのカタログを見て、機能、性能を理解できるというレベルとカテゴリに書かれています。
アンケート結果から想像すると、サーバなどの管理はないと思います。

業務用パソコンの初期設定は半数がIT担当者が実施

サーバ管理などがないIT担当者であれば、メインになるのは、業務パソコンの管理や初期設定して渡すというような業務になるかと思います。
これ、やってみると結構面倒なんですが、半自動化している方もいることでしょう。

このIT担当者に対する意識調査結果は、デル社の販売に関わる内容なので、どちらかと言えば、購買メインなのかと思います。

DELL プレスリリース&ブログ
http://ja.community.dell.com/dell-blogs/direct2dell/b/direct2dell/archive/2018/06/25/smallbusiness_5f00_survey

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side