Windows10でHyper-Vを使う

10にHyper-V環境をインストールしてみます

Windows8から仮想環境を実行できるHyper-Vが使えるようになっていますが、動作確認をするために、自分のPC上で簡単に試せる仮想環境を簡単に作成するため、Windowsクライアント PC上にWindows10でHyper-V環境を構築してみたいと思ったので試してみました。

Windows10でHyper-Vを有効にする

Windows10では、Hyper-Vはインストールされているようなので、Hyper-Vを有効にするということになるのかと思います。

  1. [Windows]ボタンをクリックして[アプリと機能]を選択します
  2. Hyper-Vをインストール

  3. 検索窓に Hyper と入力して(一例です)、[Windowsの機能の有効化または無効化]を選択します
  4. Hyper-Vをインストール

  5. []項目を探します
  6. Hyper-Vをインストール

  7. [Hyper-V]項目にチェックを入れて[OK]をクリックします
  8. Hyper-Vをインストール

  9. PCを再起動します
  10. スタートメニューに Hyper-V項目がリストされます
  11. Hyper-Vをインストール

仮想マシンをインストール

  1. スタートメニューからに [Hyper-Vマネージャ]を選択します
  2. Hyper-V 仮想マシン構築

  3. サーバ名を選択します
  4. Hyper-V 仮想マシン構築

  5. 右側ペインの[仮想スィッチマネージャ]を選択します
  6. Hyper-V 仮想マシン構築

  7. 作成するタイプの仮想スィッチを選択して[仮想スィッチの作成]をクリックします
  8. Hyper-V 仮想マシン構築

  9. 仮想スィッチプロパティで名前等の設定を行います
    作成箇所のキャプチャがなくなってしまいました。すみません。
  10. ここでは内部のみで通信可能な内部スィッチを作成しました
    名前はInternalにしました
  11. Hyper-V 仮想マシン構築

  12. <右側ペインの[ホスト名]をクリックして[仮想マシン]選択します/li>
    Hyper-V 仮想マシン構築

  13. [次へ]をクリックします
  14. Hyper-V 仮想マシン構築

  15. 仮想マシン名を入力して[次へ]をクリックします
  16. Hyper-V 仮想マシン構築

  17. 世代の指定を選択して[次へ]をクリックします
  18. Hyper-V 仮想マシン構築

  19. メモリサイズを入力して[次へ]をクリックします
    動的メモリを有効化している場合、仮想マシンの起動時に[スタートアップRAM]に設定された量のメモリが割り当てられ、一定の時間経過後、動的メモリの機能により[最小RAM]と[最大RAM]に設定されている値の範囲で仮想マシンが必要とするだけのメモリが割り当てられるようになります
  20. Hyper-V 仮想マシン構築

  21. ネットワーク構成を選択して[次へ]をクリックします
    ここでは先ほど作成した仮想スィッチを設定します
  22. Hyper-V 仮想マシン構築
    Hyper-V 仮想マシン構築

  23. 仮想ディスクの置き場所等を選択して[次へ]をクリックします
  24. Hyper-V 仮想マシン構築

  25. インストールに使用するメディアを選択します
  26. インストールが完了するとHyper-Vマネージャにサーバがリストされます
  27. Hyper-V 仮想マシン構築

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side