Office 365試用版を使ってみます

365は購入前に試用することができます

クラウドイメージ
MicrosoftがOfficeをOnline化してけっこう経ってますが、まだOffice製品はパッケージ版を使っている方が多いのではないでしょうか?
Online化したということは、Cloudにデータを置いておくことになりますので、企業のポリシーなどが障壁になっていると思いますし、個人であれば、それほど使用頻度が高くない製品を月額(もしくは年額など)料金のサブスクリプション形態で購入するのは少し考えてしまいます。

ソフトウェアのサブスクリプションとは?

少し前まで、PCソフトウェアはパッケージ(ダウンロードも含む)を購入して、自分のPCにインストールするという形態がほとんどでした。この形態では、ソフトウェアを購入したユーザが購入する際にのみ料金が発生します。例外としてサポート契約やアップグレードを行う際に別途料金が発生します。これはサポートも不要でアップグレードすることもないという場合は、購入時のみの料金で使える環境がある限りは使用することができることになります。

パッケージに対してサブスクリプションの場合は、月や年などの単位で定期的に使用権を購入することになります。パッケージと比較すると料金は安くなりますが使い続けると、どこかでパッケージ料金を上回ることになります。多くの場合、サポート契約やアップグレード権が含まれているいて、契約期間中は、サポートを受けられたり、アップグレードも追加料金が発生しません。
どちらがお得かをユーザが考える必要があり、パッケージが存在しないと実際の物がないので、所有しているというよりもレンタルを受けているというイメージになるのではないかと思います。

Office365はサブスクリプション形態

今回取り上げているMicrosoft Office 365は、サブスクリプション形態で販売されている製品で、パッケージ版は別の名称(ほぼ同じようなものですが)で販売されています。
サブスクリプションが Office 365 solo で、従来のパッケージ版が Office Home & Business 2016 と Office Personal 2016 になります。

Microsoft Office 365

さらに企業向けとして Office 365 は分かれています。基本的に使える製品の違いです。

Microsoft Office 365

Office 365 とパッケージ版の Office 製品の違いは、いくつかの使える機能がありますが、大きいのはOne Driveが使えることと、同じような意味合いとして、メールサーバがCloud上に存在しているため、自社でサーバを立てる必要がなく、運用管理もしなくていいということでしょうか?
個人だと、メールサーバはインタネットサービスプロバイダから提供を受けているので、あまり関係ありませんが、企業で、且つオンプレミスでサーバを運用している場合は運用コストも考慮する必要があります。

Office 365を導入する前に試用してみたい

WordやExcelの操作感(主にスピード)もありますが、メールやchatなどの使用感は導入を決める前に試しておきたいものです。Microsoftでは、Office 365を試用することができます。

試用版の登録方法

ここでは Office 365 Business Premium の試用登録を例にします。
Microsoft Office 365

  1. Office 365のTrailサイトにアクセスします
  2. https://signup..com/signup?offerid=467eab54-127b-42d3-b046-3844b860bebf&dl=O365_BUSINESS_PREMIUM&culture=ja-JP&country=JP&ali=1

  3. 必要事項を入力して[次へ]をクリックします
  4. Microsoft Office 365

  5. 必要事項を入力して[次へ]をクリックします
    ドメイン名の入力は一意のものではなくてはならないので、適当に変更が必要な場合があります
  6. Microsoft Office 365

  7. ロボットでは無い証明としてSMS(ショートメッセージ)の電話番号を入力して[送信]をクリックします
  8. Microsoft Office 365

  9. SMSにメールが届いたら、記載されている認証コードを入力して[次へ]をクリックしますli>
    Microsoft Office 365

  10. 情報の保存が完了するまで待ち、完了したら[準備が整いました]をクリックします
  11. Microsoft Office 365
    Microsoft Office 365

  12. 必要に応じてタイムゾーンの設定をします
  13. Microsoft Office 365

  14. Office365のメイン画面が表示します
  15. Microsoft Office 365

  16. アプリ項目で起動したいアプリのアイコンをクリックします
  17. Microsoft Office 365

  18. 例えばOutlookをクリックするとOutlookの設定が始まります
    適時設定することで使用が可能になります
  19. Microsoft Office 365

試用期間は1か月間です。

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side