VMware Workstation Player Linux版に VMware toolsをインストール

Workstation Player Linux版にVMware toolsをインストール

VMware toolsは、VMware社が提供している、VMwareの操作性を向上、効率的な運用実現するために用意されているソフトウェアです。VMware Toolsは、ゲストOSにインストールして使用しますが、仮にVMware Toolsをインストールしなくても、VMwareの稼動自体には影響がありません。ただ、色々と便利な機能もありますので導入はした方がいいツールです。

VMware toolsの利点

VMware toolsをインストールすることで、次のような利点があります。

  • グラフィックパフォーマンスの向上
  • ホストOSとゲストOSのフォルダ共有
  • ホストOSとゲストOS間のテキストなどのドラッグアンドドロップ
  • ホストOSとゲストOSの時刻の同期
  • ゲストOSのシャットダウンや再起動が確実に行える
  • ゲストOSのカスタマイズ

VMware toolsのインストール

ゲストOSをインストールする際に、インストールしている場合もありますので、インストールしてなければVMware tools をインストールします。VMware toolsは、ゲストOSにインストールするので、ゲストOSを起動した状態でVMware Workstation Playerで実行します。

VMware toolsのインストールしているかの確認

[メニュー] -> [Virtual Machine] -> [Install VMware Tools]が表示されていれば未インストールで[Reinstall VMware Tools]と表示されていればインストール済みです。たぶん。
VMware Tools

open-vmtools

VMware toolsには、 VMware社がオープンソースとして公開しているVMware toolsのソースを基にディストリビューション公式のパッケージレポジトリでカスタマイズされたパッケージが用意・配布しているopen-vm-toolsというパッケージがあります。

open-vmtoolsのインストール

CentOSのopen-vm-toolsはyumコマンドでインストールできます。

# yum install open-vm-tools
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
 * extras: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
 * updates: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ open-vm-tools.x86_64 0:10.1.10-3.el7_5.1 を 

***長いので略***

:
  open-vm-tools.x86_64 0:10.1.10-3.el7_5.1                                                          

依存性関連をインストールしました:
  fuse.x86_64 0:2.9.2-10.el7                      fuse-libs.x86_64 0:2.9.2-10.el7                   
  libdnet.x86_64 0:1.12-13.1.el7                  libicu.x86_64 0:50.1.2-15.el7                     
  libmspack.x86_64 0:0.5-0.5.alpha.el7            libtool-ltdl.x86_64 0:2.4.2-22.el7_3              
  libxslt.x86_64 0:1.1.28-5.el7                   pciutils.x86_64 0:3.5.1-3.el7                     
  xmlsec1.x86_64 0:1.2.20-7.el7_4                 xmlsec1-openssl.x86_64 0:1.2.20-7.el7_4           

完了しました!

仮想マシンを再起動して、確認します。
VMware Tools

通常?のVMware-toolsのインストール

通常というと違う気がしますが、VMware Workstation PlayerのUIを使って?インストールする方法です。

perlと gccとkernel-develのインストール

必要なパッケージをインストールします。

# yum install kernel-devel
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.nara.wide.ad.jp
 * extras: ftp.nara.wide.ad.jp
 * updates: ftp.nara.wide.ad.jp
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ kernel-devel.x86_64 0:3.10.0-862.14.4.el7 を インストール
--> 依存性解決を終了しました。

***長いので略***

インストール:
  kernel-devel.x86_64 0:3.10.0-862.14.4.el7                                                         

完了しました!

# yum install perl
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.nara.wide.ad.jp
 * extras: ftp.nara.wide.ad.jp
 * updates: ftp.nara.wide.ad.jp
base                                                                         | 3.6 kB  00:00:00     
extras                                                                       | 3.4 kB  00:00:00     
updates                                                                      | 3.4 kB  00:00:00     
(1/4): base/7/x86_64/group_gz                                                | 166 kB  00:00:00     
(2/4): extras/7/x86_64/primary_db                                            | 187 kB  00:00:00     
(3/4): updates/7/x86_64/primary_db                                           | 6.0 MB  00:00:01     
(4/4): base/7/x86_64/primary_db                                              | 5.9 MB  00:00:01     
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ perl.x86_64 4:5.16.3-292.el7 を インストール

***長いので略***

インストール:
  perl.x86_64 4:5.16.3-292.el7                                                                      

依存性関連をインストールしました:
  perl-Carp.noarch 0:1.26-244.el7                perl-Encode.x86_64 0:2.51-7.el7                   
  perl-Exporter.noarch 0:5.68-3.el7              perl-File-Path.noarch 0:2.09-2.el7                
  perl-File-Temp.noarch 0:0.23.01-3.el7          perl-Filter.x86_64 0:1.49-3.el7                   
  perl-Getopt-Long.noarch 0:2.40-3.el7           perl-HTTP-Tiny.noarch 0:0.033-3.el7               
  perl-PathTools.x86_64 0:3.40-5.el7             perl-Pod-Escapes.noarch 1:1.04-292.el7            
  perl-Pod-Perldoc.noarch 0:3.20-4.el7           perl-Pod-Simple.noarch 1:3.28-4.el7               
  perl-Pod-Usage.noarch 0:1.63-3.el7             perl-Scalar-List-Utils.x86_64 0:1.27-248.el7      
  perl-Socket.x86_64 0:2.010-4.el7               perl-Storable.x86_64 0:2.45-3.el7                 
  perl-Text-ParseWords.noarch 0:3.29-4.el7       perl-Time-HiRes.x86_64 4:1.9725-3.el7             
  perl-Time-Local.noarch 0:1.2300-2.el7          perl-constant.noarch 0:1.27-2.el7                 
  perl-libs.x86_64 4:5.16.3-292.el7              perl-macros.x86_64 4:5.16.3-292.el7               
  perl-parent.noarch 1:0.225-244.el7             perl-podlators.noarch 0:2.5.1-3.el7               
  perl-threads.x86_64 0:1.87-4.el7               perl-threads-shared.x86_64 0:1.43-6.el7           

完了しました!

# yum install gcc
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.nara.wide.ad.jp
 * extras: ftp.nara.wide.ad.jp
 * updates: ftp.nara.wide.ad.jp
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ gcc.x86_64 0:4.8.5-28.el7_5.1 を インストール

***長いので略***

インストール:
  gcc.x86_64 0:4.8.5-28.el7_5.1                                                                     

依存性関連をインストールしました:
  cpp.x86_64 0:4.8.5-28.el7_5.1                glibc-devel.x86_64 0:2.17-222.el7                   
  glibc-headers.x86_64 0:2.17-222.el7          kernel-headers.x86_64 0:3.10.0-862.14.4.el7         
  libmpc.x86_64 0:1.0.1-3.el7                  mpfr.x86_64 0:3.1.1-4.el7                           

依存性を更新しました:
  libgcc.x86_64 0:4.8.5-28.el7_5.1                 libgomp.x86_64 0:4.8.5-28.el7_5.1                

完了しました!

VMware toolsのインストール

  1. [メニュー] -> [Virtual Machine Settings] -> [Install VMware tools]を選択します
  2. /dev/sr0をマウントします
  3. # mkdir /mnt/media
    # mount /dev/sr0 /mnt/media
    
  4. マウントしたメディアからインストールパッケージを取り出します
  5. # cp /mnt/dedia/VMwareTools-10.1.6-5214329.tar.gz /tmp/VMwareTools.tar.gz
    # cd /tmp
    # tar zxvf VMwareTools.tar.gz
    
  6. インストーラを実行します
  7. # cd vmware-tools-distrib/
    # ls
    FILES INSTALL bin caf doc etc installer lib vgauth vmware-install.pl
    # ./vmware-install.pl

  8. いろいろと選択がでてきますが、基本的にはデフォルトで進めばいけると思います

必須パッケージなども無いので、open-vm-toolsの方が簡単ですかね。