Windows8.1でWindowsインストールUSBメモリーを作成

8.1でWindowsインストールUSBディスクを作成する

Windows Server 2016のインストールDVDを作成しようとしたところ、持っていたDVDでは容量不足だったため、USB起動ディスクを作成することにしました。

ちょうど使えるPCがWindows8.1だけだったので、Windows8.1を使ってインストール用USBメモリーを作成しました。

ツールをダウンロード

今回はマイクロソフトのWindows USB/DVD Download toolをダウンロードして使用しました。
Windows USB/DVD Download Toolダウンロードサイト
https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=56485

  1. [ダウンロード]をクリックしてソフトウェアをダウンロードします
  2. Windows USB/DVD Download Tool

  3. 言語選択が表示します
    ダウンロードする言語を選択して[次へ]をクリックします
  4. Windows USB/DVD Download Tool

  5. ダウンロードが完了したらダウンロード先にファイルが存在するかを確認します

今回ダウンロードしたのはWindows7-USB-DVD-Download-Tool-Installer-ja-JP.exeでした。

Windows USB/DVD Download toolをインストール

インストールは、ダウンロードしたWindows7-USB-DVD-Download-Tool-Installer-ja-JP.exeをダブルクリックしてインストーラに従ってインストールします。簡単なので手順は省略します。

起動用USBメモリーを作成

  1. スタートメニューから[Windows7 USB DVD ダウンロードツール] -> [Windows7 USB DVD ダウンロードツール]を選択します
  2. Windows USB/DVD Download Tool

  3. ユーザアカウント制御で[はい]をクリックします
  4. Windows USB/DVD Download Tool

  5. ソースファイルを入力もしくは選択します
  6. Windows USB/DVD Download Tool

  7. [次へ]をクリックします
  8. Windows USB/DVD Download Tool

  9. [USBデバイス]をクリックします
  10. Windows USB/DVD Download Tool

  11. デバイスを選択して[コピー開始]をクリックします
  12. Windows USB/DVD Download Tool
    Windows USB/DVD Download Tool

  13. [USBデバイスの消去]をクリックします
  14. Windows USB/DVD Download Tool

  15. [はい]をクリックします
  16. Windows USB/DVD Download Tool

  17. コピー(作成)が始まります
  18. Windows USB/DVD Download Tool

  19. 完了したらツールを閉じます
  20. Windows USB/DVD Download Tool

USBメモリーを取り外して、インストールするサーバに持って行ってインストールします。この時、USBメモリーから起動できるように、必要に応じてBIOS設定などを変更しておきます。

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side