Windows Server 2016で複数セッションの接続を許可する

Server 2016で複数セッションの接続を許可する

Windows Server 2016でリモートデスクトップを使用している場合、ローカルにログインがあったり、他のリモートデスクトップ接続があったりすると、既存のリモートデスクトップが切断されます。複数セッションの接続を許可して既存のセッションが切断されないようにします。
※ これはWindows Server 2016だけの事象ではありません。他のバージョンでも発生します。

表示するエラー

既存のセッションが切断されると下記のようなメッセージを表示します。
Windows Remote Desktop複数

複数セッションを許可する設定

  1. コントロールパネルを開きます
  2. Windows Remote Desktop複数

  3. 検索窓にグループポリシーと入力して、開いた画面上で[グループポリシーの編集]をクリックします
  4. Windows Remote Desktop複数

  5. ローカルグループポリシーエディタが開きます
  6. Windows Remote Desktop複数

  7. [コンピュータの構成] -> [Windowsコンポーネント] -> [リモートデスクトップサービス] をダブルクリックで選択します
  8. Windows Remote Desktop複数

  9. [リモートデスクトップセッションホスト] -> [接続]をダブルクリックで選択します
  10. Windows Remote Desktop複数

  11. [リモート デスクトップ サービス ユーザーに対してリモート デスクトップ サービス セッションを 1 つに制限する]をダブルクリックします
  12. Windows Remote Desktop複数

  13. [無効]をチェックして[OK]をクリックします
  14. Windows Remote Desktop複数
    Windows Remote Desktop複数

  15. 複数セッションの接続を試してみます

エラーが表示されなければ正常に設定完了です。