あなたのPCはブロックされました

あなたのPCはブロックされました エラー # DW6VB36

サポート詐欺
これは以前から知られている 偽サポート詐欺 ですが、いまだに無くなることがありません。

ブラウザで閲覧中に警告画面で操作が出来なくなる

ブラウザを使ってウェブサイトや動画などを参照していると、突然、ブラウザが全画面になって、中央付近に「あなたのPCはブロックされました」というポップアップと、消しても連続で表示するポップアップが開いて、いっけん何も操作ができなくなったかのように思ってしまう状態になります。
サポート詐欺
サポート詐欺
完全に違法なんですが、マイクロソフト社やWindowsのロゴマークを使用してサイトの作りもマイクロソフト社のものと近似している、いかにもマイクロソフト(というかWindowsが表示しているような)警告が、突然、全画面で表示するのです。多くの場合は、大人向けのサイトでちょっと怪しいサイトにアクセスした時に表示するので、「何かやってしまった」とか「後ろめたさ」があって判断力を失わせるタイプの詐欺です。

ブラウザの全画面表示を解除しても、すぐにフル画面表示になってしまうし、ポップアップを消そうとしたり、ブラウザを閉じようとしてもできないので困ったものです。
サポート詐欺

当然、ここに書いてる電話番号に電話すると効果のないサポートを買わされたり、もっと怪しいソフトウェアを購入させられたりするようです。

情報処理推進機構 (IPA)でも情報を公開しています。

“ウイルスに感染した”という偽警告でサポートに電話するように仕向ける手口に注意
~最近ではブラウザの操作を妨害する手口も~
https://www.ipa.go.jp/security/anshin/mgdayori20160621.html

偽警告で電話問い合わせへ誘導する手口の相談が月間200件に急増
~被害防止に向けたセルフチェック診断チャートを公開~
https://www.ipa.go.jp/security/anshin/mgdayori20160929.html

対処

対処としてはブラウザを強制終了すればいい。
[Alt]+[Ctrl]+[Delete]でタスクマネージャを開いて、ブラウザを強制終了します。
以下は、Firefoxの場合です。他のブラウザだと違うと思います。

  1. [Alt]+[Ctrl]+[Delete]押してタスクマネージャを開きます
  2. タスクマネージャでブラウザを選択します
  3. サポート詐欺

  4. [タスクの終了]をクリックします
  5. サポート詐欺

  6. これでブラウザが閉じます
  7. もう一度ブラウザを開きます
  8. 強制終了したためセーフモードで起動するかリフレッシュするかの選択が表示します
    [セーフモード]を選択します
  9. サポート詐欺

  10. セッションを復元するか新しいセッションを開始するかの表示画面が開きます
    ここで[セッションの復元]は選んではいけません!
  11. サポート詐欺

  12. ブラウザの履歴を表示して、[最近の履歴を削除]を選択します
  13. サポート詐欺

  14. すべての履歴を削除する選択をして[今すぐ消去]をクリックします
  15. サポート詐欺

  16. どうも閉じるを押してブラウザを終了しても再起動するとセーフモードの選択が表示してしまいます
    どうやら正常に終了しないとダメなの?ブラウザのメニューから終了を選択してブラウザを閉じます
  17. サポート詐欺

  18. ブラウザを再起動するとセーフモードの選択は出ないので良かったようです