このコンピュータ上の rapportd にアクセスしようとしています

このコンピュータ上の rapportd にアクセスしようとしています

を使っていたら、突然アラートが上がってきました。
rapport
「コンピュータ「192.168.0.4」がこのコンピュータ上の rapportd にアクセスしようとしています。
この接続を許可しますか?」

rapportd とは?

Rapport(ラポート)とは Rapport(ラポート)は、インターネットバンキングを狙ったウィルスを検知・駆除するPC用ウィルス対策ソフトで、IBMにより開発・提供されているもののようです。

Rapportは、犯罪者による盗難からオンラインバンキング通信を保護する先進的なセキュリティソフトウェアです。Rapportは、顧客がすでに使用しているアンチウィルスまたはセキュリティソフトウェアに対する追加のセキュリティレイヤーとして、ご利用の銀行から推奨され、提供されています。Rapportは、インターネット接続を保護して、銀行のWebサイトとの安全な通信を実現するトンネルを作成し、口座から預金を盗もうとする悪意あるアクティビティをブロックします。

コンピューターとネットワークが他のデスクトップやネットワークのセキュリティー・ソリューションで保護されている場合でも、Rapport を使用することを強くお勧めします。アンチウィルスやファイアウォールなどのセキュリティー・ソリューションは、金融マルウェア攻撃に対して部分的にしか効果がないことが最近の研究で示されています。金融マルウェア攻撃の例を少しだけ挙げると、Zeus、SpyEye、Gozi、Torpig などがあります。Rapport は、銀行の不正防止プロセスに統合され、デスクトップおよびネットワークのセキュリティー製品の上に重要なセキュリティー・レイヤーを追加します。Rapport は、最も高度な金融攻撃でも検出してアラートを出し、防止することができます。

Rapportは、ユーザーのオンラインバンキングセッションに加え、企業に関連しないWebサイト(eコマース、Webメールなど)を無料で保護します。

192.168.0.4

アクセスしようとしている 192.168.0.4 がこのコンピュータはなんでしょう。
192.168.0.x なので、自宅ネットワークに接続しているコンピュータなのは判ります。調べてみると iPhone が 192.168.0.4 でした。itunes を使用してバックアップや音楽を転送するために、お互いに登録しあっているからですかね?
とりあえず動的に共有する必要はないので、接続は拒否することを選択してダイアログを閉じました。

今回は自分の所有しているデバイスからのアクセスでした。とりあえずはアクセス元が何かは確認した方がいいでしょう。

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side