Hyper-Vを一時的に無効にして起動する

Hyper-Vを一時的に無効にして起動するには

Windows で  を有効にしていると、 などの他の仮想化ソフトウェアとコンフリクトする場合があります。

例えば、Hyper-V が有効担っている環境で  Virtualbox をインストールすると、Virtualbox の設定で[OK]ボタンが有効になっていない(場合がある?)ような時に、Hyper-V を無効にすると設定ができるようになりました。

Hyper-V Virtualbox

[Windowsの機能の有効化または無効化]で、Hyper-V 機能をアンインストールすればいいのですが、少し試したいというだけで、試したら元に戻したいという場合には、アンインストールすると面倒です。

コマンドで無効化して、サーバを再起動する方が簡単かと思います。

無効化するコマンド

コマンドは、コマンドプロンプトで実行します。

bceditコマンドで設定状態を確認します。

C:\Users\Administrator>bcdedit

Windows ブート マネージャー
--------------------------------
identifier              {bootmgr}
device                  partition=\Device\HarddiskVolume2
description             Windows Boot Manager
locale                  ja-JP
inherit                 {globalsettings}
bootshutdowndisabled    Yes
default                 {current}
resumeobject            {daa29cc6-ce30-11e8-b4a6-8043129a6d14}
displayorder            {current}
toolsdisplayorder       {memdiag}
timeout                 3

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier              {current}
device                  partition=C:
path                    \Windows\system32\winload.exe
description             Windows Server 2016
locale                  ja-JP
inherit                 {bootloadersettings}
recoverysequence        {daa29cc8-ce30-11e8-b4a6-8043129a6d14}
recoveryenabled         Yes
allowedinmemorysettings 0x15000075
osdevice                partition=C:
systemroot              \Windows
resumeobject            {daa29cc6-ce30-11e8-b4a6-8043129a6d14}
nx                      OptOut
hypervisorlaunchtype    Auto

C:\Users\Administrator>

hypervisorlaunchtype が auto の設定にっている状態が Hyper-V が有効な状態です。

Hyper-V を無効にします。

C:\Users\Administrator>bcdedit /set hypervisorlaunchtype off
この操作を正しく終了しました。

設定が変わったかを確認します。

C:\Users\Administrator>bcdedit

Windows ブート マネージャー
--------------------------------
identifier              {bootmgr}
device                  partition=\Device\HarddiskVolume2
description             Windows Boot Manager
locale                  ja-JP
inherit                 {globalsettings}
bootshutdowndisabled    Yes
default                 {current}
resumeobject            {daa29cc6-ce30-11e8-b4a6-8043129a6d14}
displayorder            {current}
toolsdisplayorder       {memdiag}
timeout                 3

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier              {current}
device                  partition=C:
path                    \Windows\system32\winload.exe
description             Windows Server 2016
locale                  ja-JP
inherit                 {bootloadersettings}
recoverysequence        {daa29cc8-ce30-11e8-b4a6-8043129a6d14}
recoveryenabled         Yes
allowedinmemorysettings 0x15000075
osdevice                partition=C:
systemroot              \Windows
resumeobject            {daa29cc6-ce30-11e8-b4a6-8043129a6d14}
nx                      OptOut
hypervisorlaunchtype    Off

設定が変更されたら、サーバを再起動します。
再起動後には、Hyper-V が起動していない状態になります。

有効化するには

無効を有効に変更するには、コマンドを実行して、サーバを再起動します。

C:\Users\Administrator>bcdedit /set hypervisorlaunchtype auto
この操作を正しく終了しました。