VAIO Eシリーズ ノートPC のカバーを閉じてもスリープしない設定

ノートPC のカバーを閉じてもスリープしない設定

ここでは、2010年に発売されたノートPC (VAIO VPCEB18FJ)にWindows Server 2016をインストールした環境で、カバーを閉じてもスリープしない設定を試してみました。

VAIO Eシリーズは、標準では Windows 7 がインストールされていたノートPC ですが、メモリを8GBに増設して、Windows Server 2016 の簡単な検証機として使用しています。

電源オプションを変更

カバーを閉じてもスリープしない設定は、コントロールパネルの電源オプションから設定します。

  1. スタートメニューから[コントロールパネル]を選択します
  2. Windows Server 2016 sleep

  3. [ハードウェア]をクリックします
  4. Windows Server 2016 sleep

  5. [電源オプション]をクリックします
  6. Windows Server 2016 sleep

  7. [カバーを閉じたときの動作の選択]をクリックします
  8. Windows Server 2016 sleep

  9. 設定を変更して[変更の保存]をクリックします
    ここでは全てを「何もしない」に設定しています
  10. Windows Server 2016 sleep

  11. [ディスプレイの電源を切る時間の指定]をクリックします
  12. Windows Server 2016 sleep

  13. [ディスプレイの電源を切る]で、ディスプレイの電源を切る時間を指定して[変更の保存]をクリックします
  14. Windows Server 2016 sleep

設定が完了したら、リモートから接続した状態でカバーを閉じて Windows がシャットダウンしたり、スリープしないことを確認します。