iMac をマルチディスプレイ化してみます

iMac をマルチディスプレイ化

我が家の iMac は21.5インチディスプレイなので、なにかを複数開くと少し使い辛いので、思い切ってマルチディスプレイ化してみました。

今回購入したもの

モニター

特に拘りは無かったのですが、モニターはアイ・オーデータさんの LCD-MF245XDB という機種にしました。
これもなんとなくなんですが、HDMI ポートが2ポートあるので、他の用途にも使えそう!と思ったところです。

iMacをマルチディスプレイ化

LCD-MF245XDB
https://www.iodata.jp/product/lcd/wide/lcd-mf245xdb/

「LCD-MF245XDB」は、広視野角なADSパネルを搭載した23.8型のワイド液晶ディスプレイです。視野角は上下左右178°。見る位置や角度による色やコントラストの変化が少なく、どこから見ても映像を鮮明に映し出します。
AV機器やゲーム機との接続に便利なHDMI端子を2系統搭載。さらに、DisplayPortも搭載しているので、幅広い機器を接続してお楽しみいただけます。さらに、急速充電できるUSBポートも搭載しているので、スマホやタブレットの充電にも便利です。
また、フラットパネルを採用!フレームがないので、マルチディスプレイにもオススメです。

出典: アイ・オーデータ 商品一覧

接続ケーブル

LCD-MF245XDB には、付属品として RGB ケーブルと DisplayPort ケーブルが付属しているのですが、HDMIで接続したかったので、Mini DisplayPort (thunderbolt ポートで接続したいので) – HDMI の変換ケーブルを購入しました。

iMacをマルチディスプレイ化

4K対応 miniDisplayPort-HDMI ケーブル [DPC-4KHD] https://www.mco.co.jp/products_lan/dpc-4khd/

株式会社ミヨシさんの変換ケーブルを購入しました。

・最大4K30Hz出力に対応しています。※
・音声出力対応
・サビに強い金メッキコネクタ採用
・環境にやさしいRoHS指令対応
 ※出力するPC側及びモニター側が共に4K解像度に対応している必要があります。

【4K出力対応】
Thunderbolt2端子搭載のMacBook Pro Retinaシリーズ、 Proシリーズ
Mini DisplayPort端子搭載のWindowsPC※
※搭載しているグラフィック機能によってはフルHDまでとなります。
【Full HD】
Thunderbolt端子搭載のMacBook、iMac、Mac miniシリーズ
Mini DisplayPort端子搭載のMacBookシリーズ
Mini DisplayPort端子搭載のWindowsPC

出典:株式会社ミヨシ 製品情報

接続してみます

モニターとケーブルを開梱して、iMac と接続してみました。
接続するだけで認識されるので、簡単!!この時点で、サブディスプレイ側にはメインディスプレイと同じ背景が表示しています。

私の場合は、拡張ディスプレイにしたいので設定を変更しました。

  1. システム環境設定を開きます
  2. iMacをマルチディスプレイ化

  3. ディスプレイを開きます
  4. iMacをマルチディスプレイ化
    iMacをマルチディスプレイ化

  5. [配置]タブをクリックして、[ディスプレイをミラーリング]にチェックが入っていないことを確認します
    チェックが入っていたらチェックを外します
  6. iMacをマルチディスプレイ化

  7. メインディスプレイとサブディスプレイの配置が違う場合は、どちらかを選択して移動します
  8. iMacをマルチディスプレイ化

  9. システム環境設定に戻り、[Mission Control]を開きます
  10. iMacをマルチディスプレイ化

  11. [ディスプレイごとに個別の操作スペース]のチェックを外します
  12. iMacをマルチディスプレイ化

  13. ログアウトして、再度、ログインします
  14. ブラウザを移動したり、マウスを移動するなどで、サブディプレイ側で操作ができることを確認します
  15. 完了
スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side