Google Update サービス (gupdate)がエラーになってます

Google Update サービス (gupdate)がエラーになってます

2016 を起動して、サーバマネージャが開くと、サービスが赤く表示しています。
Google Update サービス

Google Update サービス (gupdate)が自動開始になっているのに停止しているようです。
Google Update サービス

Google Update サービスとは?

Google update サービスは、サービスの説明として、次のように記載されていました。

Google ソフトウェアを常に最新の状態に維持します。このサービスを無効にするか停止すると、Google ソフトウェアは最新の状態に維持されなくなります。その場合、セキュリティの脆弱性が見つかっても修正できなかったり、機能が動作しなかったりする可能性があります。このサービスを使用する Google ソフトウェアがなくなると、サービスは自動的にアンインストールされます。

Google Update サービス (gupdate)と Googl Update サービス (gupdatem)という2つのサービスが存在していました。

Google Update サービス

Googl Update サービス (gupdatem) は手動スタートになっていて、Googl Update サービス (gupdate) は自動(遅延開始)となっていましたので、今回の対象は Googl Update サービス (gupdate) になるようです。
Chrome などの Google サービスを最新に保つためおアップデートに関するサービスのようです。
エラーの出ている環境では、 をインストールしているので、このサービスもインストールされているのだと思います。

Chrome をアップデートしてみると、サービスが開始状態になります。
Google Update サービス

そしてアップデートが終わると停止状態になります。
Google Update サービス
Google Update サービス

最新状態を確認に行く時に動作して、終わると停止するというもので、必要な時だけ動作するサービスのようです。

Google Update は、システムの起動時にタスクで実行されているようですので、タスクを止めてもアップデートすると、また登録されるという情報もあり、無効にしておくと、別のエラーが出そうな気がするので、無視しておくことにしました。