Parallels Desktopが終了できない

Desktop が終了できないため、Mac を再起動できない

使用していた仮想マシンをシャットダウンして、Mac も再起動(シャットダウン)ししようとしたところ、「Parallels Desktop が終了できないため、Mac を再起動できませんでした。」のアラートが上がって、Mac の再起動ができない問題に遭遇しました。
parallels_shutdown

Parallels Desktop を強制終了する

Parallels Desktop を強制終了する方法を確認してみました。
parallels_shutdown

アップルメニューから [強制終了]を実行

アラートに記載されているアップルメニューから [強制終了]を実行してみます。

  1. アップルメニューをクリックして、表示するドロップダウンから[強制終了]を選択します
  2. parallels_shutdown

  3. Parallels Desktop を選択して、[強制終了]ボタンをクリックします
  4. parallels_shutdown

これだけなんですが、私の環境では強制終了できませんでした。

アクティビティモニターから強制終了する

アクティビティモニターから Parallels Desktop を強制終了してみます

  1. Launchpadからアクティビティモニターを開きます
  2. parallels_shutdown

  3. Parallels Desktop を選択して[x]ボタンをクリックします
  4. parallels_shutdown

  5. 確認ダイアログで[強制終了]をクリックします
  6. parallels_shutdown

これでアプリは停止するハズですが、Mac を再起動しようとすると、「Parallels Desktop が終了できないため、Mac を再起動できませんでした。」のアラートが・・・

アクティビティモニターからプロセス強制終了する

アプリを停止することができなかったので、プロセスを終了してみます。
prl_xxxxxというのが Parallels Desktop のプロセスのようです。

  1. Launchpadからアクティビティモニターを開きます
  2. parallels_shutdown

  3. prl_xxxxのプロセスを選択して[x]ボタンをクリックします
  4. parallels_shutdown

  5. 同じ操作をprl_xxxxのプロセス分実施します

終了できたようです。

プロセスを強制終了すると、状況によっては、Parallels Desktop や仮想マシンの起動に影響があるかもしれませんがしかたありません。

スポンサーリンク
spdsk-side
spdsk-side