Parallels Desktop 15へアップグレード

Desktop 15へアップグレード

これまでParallels Desktop 11を使っていました。
Parallels Desktop 14までは、アップグレード対象にParallels Desktop 11が含まれていなかったようなきがしていたのですが、Parallels Desktop 11 を起動すると、使っているParallelsは4世代前のバージョンなのでアップグレードしましょう!というメッセージが何度も表示されるため、もう一度、確認したところ、Parallels Desktop 11はアップグレード版が使えるということがわかったので、アップグレードしてみました。

Parallels Desktop 15 をダウンロード

メジャーなネットサイトでも購入できますが、少しParallelsから購入した方が安かったので、直接購入してみました。
購入すると、インストールパッケージのダウンロードができます。
Parallels アップグレード
ParallelsDesktop-15.0.0-46967.dmgがダウンロードされます。

Parallels Desktop 15 をインストール

ParallelsDesktop-15.0.0-46967.dmgを起動します。
Parallels アップグレード
警告が表示したら[開く]をクリックします
Parallels アップグレード
管理者名とパスワードを入力して[OK]をクリックします
Parallels アップグレード
Parallels アップグレード
アクティベーションキーを入力します
Parallels アップグレード
Parallels アップグレード
全バージョンのキーを入力して[アクティベート]をクリックします
Parallels アップグレード
Parallels アップグレード
Parallels アップグレード
[閉じる]をクリックします
Parallels アップグレード
今回はアップグレードなので、既存の仮装マシンが存在します
仮装マシンをクリックして、起動します
Parallels アップグレード
仮想マシンが起動すると Parallels Toolboxのインストールが表示されます
[今すぐインストール]をクリックします
Parallels アップグレード
Parallels アップグレード
ライセンス許諾で[同意する]をクリックします
Parallels アップグレード
このままで続けて完了します
Parallels アップグレード
Parallels アップグレード
Parallels アップグレード