鈴鹿8耐 タイヤメーカー合同テスト YARTチームは7番手

野左根航汰が参加しているヤマハの世界耐久チームYART Yamaha Official EWC Teamは、タイヤメーカー合同テストに参加して野左根航汰が7番手タイムをラップ。
世界選手権に参戦しているチームなだけに、スピードよりもテストということかと思いますが、トップからそれほど差もない2分08秒795で7番手はいい結果ではないでしょうか。

YART鈴鹿8耐テスト

野左根航汰コメント
「今回のテストは、初めて鈴鹿サーキットを走るフリッツ選手がコースになれてもらうことがメインで、パークス選手と僕は、耐久仕様のR1とブリヂストンタイヤのパッケージの確認などを行いました。海外での世界耐久選手権では、ブロック選手がチームを牽引してきましたが、鈴鹿サーキットは僕のホームコースなので、今大会では僕がチームを引っ張る役目ができればと思っています。世界耐久選手権のチャンピオンシップでは、上位2チームからは離されてしまいましたが、まだ逆転のチャンスが残されているので、鈴鹿8耐ではチーム力を高めて臨み、最後まであきらめずにプッシュします。鈴鹿8耐に向けたテストは来週も続きますが、しっかりとマシンを仕上げてレースウイークを迎えたいし、それができれば表彰台が近づいてくると思います」

出展:YAMAHA FACTORY RACING 鈴鹿8耐サイト
https://race.yamaha-motor.co.jp/sp/suzuka8h/news/2017/07/201707-5433.php

スポンサーリンク
racing
racing

フォローする