MotoGP™ eSport Championship

Dornaの主催でバレンシアGPと同日に開催された MotoGPeSport Championship Grand Final

6回の予選会を突破したファイナリスト16名によって開催されてました。

eSport Championshipは、PS4のゲームMOTOGP 17を使用して行われるeSportと呼ばれるオンライン対戦で行われるゲーム大会です。

MOTOGP17公式サイト
インターグローサイト
http://game.intergrow.jp/motogp17/

ファイナリストを国別でみるとスペイン(6名)、イタリア(5名)、イギリス(2名)、オランダ(1名)、南アフリカ(1名)、ドイツ(1名)という、やはりeSportはアメリカ、中国、韓国が強いようですが、これらの国ではMotoGPが人気で(アメリカは2回もレースを開催しているんですけど)はないからなのか、ファイナリストには名前がありません。

この様子はYouTubeのMotoGP eSportチャンネルで観ることができます。

副賞が凄くて、優勝はBMW M240i クーペ、2位にはKTM RC390、3位にはサムソンのスマートTVという

世界最高のeSportsレーシングを目指す『MotoGP』
https://www.redbull.com/jp-ja/motogp-esports-championship-news
MotoGP eSport

eSport Championship Grand Finalは、10分間の予選、10周の準決勝、10周の決勝で行われました。
予選の結果では1分25秒454というタイムでしたが、実際のGPではマルケスの1分29秒897ということでゲームの方が速いんですけど、トップから8位までのタイム差が0.250秒という大混戦です。

予選

準決勝1


準決勝2

決勝

優勝したのはイタリアの18歳の青年だったようです。

残念ながら日本人はファイナリストにはいないですが、今後は日本人ファイナリストが現れるのでしょうか?ゲーム機がPS4ということで日本製・・・MOTOGPバイクもホンダ、ヤマハ、スズキという日本メーカーが主流なんですけど、ライダーは・・・
来年は中上選手がMOTOGPクラスに参戦するので、eSportでも日本人ゲーマーがファイナリストになってくれれば・・・私は全然ダメダメなタイムしか出せません。

スポンサーリンク
racing
racing

フォローする