全日本ロードレース R5 筑波 J-GP3 Rase1

全日本ロードレース第5戦 筑波ラウンド J-GP3クラスはレジェンドライダー坂田和人が参戦することで盛り上がってますね。
土曜・日曜に各クラスのレースが行われるという少し変則的な筑波ラウンド!ショートコースですから、激しいレース展開になりそう。

土曜のレース1は、路面温度が56度という高温で行われました。
ポールポジションは KTMを駆る古市、2番手にベテラン小室、3番手は中野真矢率いる56Racingの埜口。

坂田は9番手からのスタート。普段レーシングスクールで講師を務めているので乗っていないわけではないけど、準備期間もそれほど無かったと思われるのに、この順位はさすが。

古市がホールショットを取って1コーナーへ、小室、埜口と続く、3周目には早くも埜口がトップに立ってレースを引っ張ります。確か埜口は全日本初参戦だったかと思いますが、たぶんホームコースが筑波ですよね。
56Racing Noguchi

序盤は、埜口が少しづつ2位の小室、3位の古市を離していく展開。少しだけ離れて4位に中島、5位に岡崎。坂田は10位前後で周回。
中盤には、埜口、小室が3位古市が遅れ始めて3位争いが8台くらいに。

埜口が2位の小室を引き離してレース1で優勝!3位には菅原、4位中島、5位岡崎。
56Racing埜口は、全日本初参戦で優勝!!金曜のフリーからトップタイムを出していたようですし、地元筑波では速さを見せつけた感じでしょうか。

坂田の雄姿はG+で観れるの?Race1は10位くらいだったのでしょうか。

スポンサーリンク
racing
racing

フォローする