今頃ですが、ミニがDCTを採用していたんですね

2018年5月にモデルチェンジしたミニですが、ONEとクーパ、クーパSは、ATがトルコンから DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション。ミニではダブルクラッチトランスミッションというようです)に変わっていたんですねぇ。
日本車ではあまり採用されないDCTですが、ミニで採用されるとは魅力的です。

BMW MINI
今回のモデルチェンジの目玉はダブルクラッチ(デュアルクラッチ=DCT)の採用だ。6MTは従来通りだが、クーパーS、クーパー、ワンは7速ダブルクラッチ式ATに、ジョンクーパーワークスは8速トルコン式ATになった。

ノーマルモードで走る限り、トルコンATの旧モデル以上にシフト制御が穏やかになったのではと感じる。アクセル操作への反応にDCTならではのダイレクト感は出ているが、ターボが力強く回る回転数より低い1400rpm程度を常用するのだ。必要に応じてキックダウンはするが、シフトショックを嫌っているのかなかなかキックダウンしない。こうなると(ターボが働かなくても)エンジントルクのある排気量の大きいエンジンの相性が良く、クーパーSがオススメになってくる。

それにクーパーSの場合、スポーツモードにすると特性が大きく変わる。ノーマルモードの、80km/h前後なら7速/1200rpm前後で走ろうとするエコな制御から一転、2500rpm前後を積極的に使いだす。ターボも準備万端でアクセルを踏めば瞬時に反応して力強い加速を開始する。もちろんアクセルオフへの反応も鋭く速度コントロールしやすく、スポーティにも走りやすい。

出典: Carviewレポート DCTを採用した新しいMINIに賛否両論。一押しグレードは?

 DCTには賛否ある(JCW(ジョン・クーパー・ワークス)は8速ATですし)ようですが、もともと運転を楽しむ傾向の強いミニにはいいことなのでは?

Carview
https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20180709-20104055-carview/
ベストカー
https://bestcarweb.jp/news/newcar/2969
Response
https://response.jp/article/2018/09/07/313784.html

  • MINI ONE 3ドア(6MT):238万円
  • MINI ONE 3ドア(7AT<DCT>):256万円
  • MINIクーパー 3ドア(6MT):294万円
  • MINIクーパー 3ドア(7AT<DCT>):312万円
  • MINIクーパーD 3ドア(6AT):329万円
  • MINIクーパーS 3ドア(6MT):354万円
  • MINIクーパーS 3ドア(7AT<DCT>):372万円
  • MINIクーパーSD 3ドア(6AT):389万円
  • MINIジョンクーパーワークス(6MT):432万円
  • MINIジョンクーパーワークス(8AT):450万円

年齢平均年収以下の私にはちょっと手が出ない価格なんですけど。
試しに乗ってみたい。でも、乗ったら欲しくなるような気がします・・・

ミニ公式サイト
https://www.mini.jp/ja_JP/home/range/new-mini-3-door-hatch.html

スポンサーリンク
racing
racing

フォローする